海老名市議「同性愛は異常」発言は、なぜ炎上したのか?

中高年の炎上案件がどんどん増えています。

“同性愛は異常”発言で炎上

海老名市議会の鶴指眞澄(つるさしますみ)議員が、同性愛者や性同一性障害の人を差別するような発言をツイッター上で行ったとして、問題になっています。

市議がツイッターに「同性愛は異常」 神奈川(NHKニュース 11/29)

当初は「発言は撤回しない」予定でしたが、批判の声が大きくなってきたからなのか、最終的には発言の取り消し&謝罪という結果になってしまいました。

早めに対応したこともあり、炎上は早めに収束したようです。それでもまだしつこく絡んでいる人もいるようですが・・・気持ち悪いなぁ。 

何が問題だったのか?

こちらが炎上のきっかけとなった発言。ツイートは削除されているので、テキストで書き起こしてみました。

最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する、報道したことでその人物はなおさら優越感が出るのだ、一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!マスコミで取り上げる影響を考えろ!まじめ人間が馬鹿を見る

この市議の中では、人権の話と生物学的な話が混ざっちゃってるのでしょうね。

生物として見ると「決して正常ではない」ことは、本人たちも重々理解しているはず。理解しているからこそ、今まで苦しみながらも「裏の世界」で生きてきたわけで。

でもここに来て世の中が「男性/女性としての人権はきちんと認めるべき」という方向に変わってきた。

そういう背景を無視した発言だったことが、今回の炎上に繋がっていったのでしょう。一連の流れを見ていると、またやらかしそうな気がしますが・・・。

個人的には、世の中にLGBTのことを広めると同時に、同性愛と性同一性障害を明確に切り分けた方がいいと思いますけどね。

後者であればきちんと治したほうが良いと思いますし。