永江一石さんブログに便乗して、私がタバコを嫌いな理由を書いてみる。

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

煙草について書かれたLanderblue永江さんのブログ記事が話題になっています。

自分が煙草をdisる本当の理由をここで明らかにする。

煙草が臭いのではなく喫煙者の体が臭いという、今まで非喫煙者が思っていてもさすがに言えなかったあたりを包み隠さず書いてしまうあたりは流石だなと思います。

良くも悪くも影響力のある方なので、しばらくは喫煙者から目を付けられるとは思いますが、バッサバッサとなぎ倒して行って欲しいですね。言い方は厳しくても書いている内容は正しいので。

それはさておき、私も永江さんと同じ嫌煙家。煙草が嫌いな理由を改めて考えてみました。私の場合は、臭いが嫌いなだけじゃないんですよ。

[理由] 1.臭いが嫌い
2.マナーの悪い人が多くて嫌だ

1.臭いが嫌い

煙草を吸っている本人には絶対に分からないと思います。煙草の臭いは本当にキツイです。でも実は、煙そのものよりも喫煙者の体臭、服の臭い、口臭の方が強烈です。ほんとに。

臭いが他のものにすぐ移るのも厄介でして。朝の通勤電車で煙草臭い人が横に来ると、かなり憂鬱になります。体臭はまだしも、せめて服ぐらいは煙草臭くないものを着て欲しい。

ほんとこれ。

こういうのをプシュっとして来るだけでも違うと思うんだけどなぁ。

テレビでも禁煙を推奨するCMを見かけますが、「健康に影響がある」という言い方よりも、ファブリーズのような「臭い」を問題化した方が絶対に効果があるはず。

健康への影響は個人の問題ですが、臭いだと周りへの影響が大きいですし。

2.マナーの悪い人が多くて嫌だ

誤解されると良くないので最初に書いておくと、マナーを守っている喫煙者の方が圧倒的に多いです。

でも、その一部のマナーの悪い人がいつまで経っても減らないから問題になっているわけで。決して割合の問題じゃないのですよ。

これだけマナーについて厳しくなったにも関わらず、平気な顔して歩きタバコしてるオッサンが都心部にも未だにたくさんいますし。

これは私の想像ですが、こういう人達って最初から「禁煙と書かれていない場所は喫煙してもOK」と思い込んでいるんですよ。

つまり、「周りに影響を与えている」認識が最初から無いわけで、そういう人達にマナーやモラルの向上をいくら啓蒙しても、無理なんですよ。認識してないから。

本気で対策しないとヤバいと思う。

今のまま真綿で締めるようにゆっくりと禁煙対策を進めて良いかというと、そうでも無さそうです。世界から見ると日本はもう禁煙後進国になってしまっているのです。

日本は世界でも稀な「喫煙天国」になっていた

こういう記事を見ると結構ショックですよねぇ。東京オリンピックで外国から旅行者が押し寄せる前までに、何とかしないとダメでしょう。

国内電子タバコブランド【JPvapor 公式】

こういう電子タバコに保険適用したり、やり方はいくらでもあるはず。早く煙草の無い世の中になってくれることを願っています。

スポンサーリンク