セブンイレブン肝いりの新事業「オムニ7」が盛大にコケた理由

セブン&アイによる新事業である「オムニ7」が先月にサービスの本格稼働を開始しましたが、利用者の伸びは今ひとつのようです。

セブンイレブン、鈴木会長肝いりの新事業「オムニセブン」が不発(2015/11/24 ヤフーニュース)

答えは至ってシンプルで、

「オムニ7」で買う理由が無い。

の1点に尽きるわけです。

Amazon、楽天、ヤフーショッピング、ZOZOTOWNといったショッピングサイトで物を買う理由は、大体次のどれかにあたるでしょう。

  1. 買いに行くのが面倒
  2. 安く買いたい
  3. 品揃えが豊富
  4. 商品がすぐ届く

私が基本的にAmazonを使うのは1から4を全て満たしているから。もちろん、特定の物を安く買いたい時はヤフー、服が欲しい時はZOZOTOWNといった使い分けもしています。

オムニ7だとどうでしょうか。

1から4のどれを見ても、他のショッピングサイトに優っているものが無いんですよね・・・。サイトを少し見ればわかりますが、商品数が少なく価格も安くないんです。

ここは1ユーザーとしてハッキリ言わせて欲しい。

セブンネットショッピングの方がまだ良かった。

オムニ7という名前もしっくり来ないし、せっかく起用した佐藤オオキ氏のデザインも、使い方を完全に間違えている気がしてなりません。

佐藤氏の過去作品を見る限り、セブンアンドアイと相性が悪い気がするんですよねぇ。せっかくのデザインが完全に埋もれてしまっているし・・・勿体なさすぎる。

ユーザー層とも合っていない気もするんですよね。売上ランキングでこんな作品が一位になるくらいですから。というか、これはもう黒歴史化待った無しの案件だよなぁ。

スクリーンショット 2015-12-05 10.37.35

このままだと、1年でサービス終了というのも十分ありえるでしょう。

ここからnanacoポイントをばら撒くことで起死回生を図っていくのか、もしくはセブンネットのように分かりやすいサイトに軌道修正していくのか。いずれにしても茨の道なのは間違いありません。

もういっその事、自前で売るのはPB商品だけにした方が良いと思いますけどね。そっちの方がユーザーも分かりやすいでしょうし。

スポンサーリンク