スニーカー好きは騙されたと思って「スピングルムーヴ」を履いてみて欲しい。世界が一変するよ。

▼この記事をシェアする

スピングルカンパニー公式Web - Abount SPINGLE

スピングルカンパニー公式Web – About SPINGLE

私、本当にスニーカーが好きでして。中でもイチオシしたいのが、広島のスピングルカンパニーが作る渾身のスニーカー「SPINGLE MOVE(スピングルムーブ)」です。最近では取扱店舗も増えているようなので、履いている人を少しづつ見かける様になってきました。嬉しいことです。

でも、残念なことに知名度がまだまだ低いのが実際のところ。こんなに素晴らしいスニーカーなのに。ということで今回はスピングルムーブがどれだけ素晴らしいかを頑張って書いてみようと思います。

スポンサーリンク

まさに「快適すぎる」スニーカー。

言いたいことはたくさんありますが、スニーカーの魅力を一言でいうと「他の追随を許さないほどの快適さ」です。今まで数多くのスニーカーを履いてきた私も、これ以上に履きやすいスニーカーに出会ったことはありません。

快適さで言えばスポーツシューズも引けを取りませんが、長く履くと差が出てきます。人馬一体ならぬ人靴一体。気づいたら毎日このスニーカーを履くようになってしまうんですよ、不思議と。ここまで来ると、パートナーですね。

この魅力はどのようにして生まれるのか。靴作りの背景を知ると自ずと分かってくるような気がします。ポイントをカンタンにまとめてみました。

職人による本気のスニーカー

スピングルムーブのスニーカーは、日本国内の3社しか採用していない「バルカナイズ製法」という方法で作られています。品質は良い反面、とにかく手間がかかるのです。

「バルカナイズ製法」は基本的に手作業のため、 想像以上に労力と手間がかかり 生産効率が悪く、その数は激減し、現在、日本でバルカナイズ製法を行っている会社は当社を含め三社のみ、といわれています。

この製法だけではなく、革やゴムの素材にも強い拘りを持っています。最高の素材を使って、最高の製法で、最高の職人がスニーカーという「作品」を作るわけです。

素材や手作業に対する強い想い

素材や手作業に対する強い想い

ちなみに、この「バルカナイズド製法」については、以前ブログでも触れてみました。スピングルカンパニー以外のメーカーについても調べてみたので、興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

参考記事:スニーカー好きなら抑えておくべきキーワード「バルカナイズ製法」

最強の革「カンガルーレザー」

スピングルムーヴのスニーカーで代表作とも言えるのが、カンガルーレザーを使ったシリーズです。革の「軽さ」と「柔らかさ」が抜群で、長時間履いても足が全く痛くなりません。

長年足の痛さに耐えながらもコンバースを愛用してきた私ですが、もう戻ることは無いでしょう。ジャックパーセルよ、さようなら。それほどの差があるのです。

私のスピングルムーブ履歴

私はブランドが誕生した年からここのスニーカーを買い続けております。今回で8足目(実家にある靴を入れると10足)でしょうか。今まで買った靴をざっと紹介してみますね。

SPM-110 アイボリー

3回買いました。何にでも合う最強のスニーカーです。

SPM-110 ブラック

これも活躍しますね。黒スニーカーは冬場によく活躍します。

SPM-115 レッド

これも2回買いました。広島県人は赤色が好きなのです。

BIZ-105 マスタード

画像はベージュですが、実際はマスタードと紺色を1足づつ持っています。このシリーズは「Spingle Biz(スピングルビズ)」というビジネスライン。仕事にも使えて便利なのです。

ストレートチップの革靴を一日中履くと足が痛くてたまらないのですが、この靴は柔らかいスエードとゴムソールなので足への負担も最小限。全然疲れない上、雨の日にも使えて一石二鳥。

最近買ったSPM-110のご紹介。

今回、最初に買った靴「SPM-110」を買い直したので、少しばかしご紹介させて下さい。数年ぶりに新品のSPM-110と対面するので新鮮なのか懐かしのか不思議な気分です。

まずは外箱から。

シンプルな外箱

シンプルな外箱

箱の隅にロゴの刻印が入っているだけで、とてもシンプル。早速中を開けてみます。

spinglemove_20151228_4

カンガルーレザーのマーク

スニーカー本体には、カンガルーレザー製であることを証明するタグが付いています。続いて靴紐を通していきます。革が柔らかいので紐通しが少し楽チン。

この紐通りをするたびに毎回思うのですが、なんで最初から通しておいてくれないんだろう?「+500円で靴紐通しておきます」というサービスあれば買う人いると思うなー。

なんて言っている間に完成。

spinglemove_20151228_5

独特の雰囲気があるアイボリー

部屋の照明色の関係で色がわかりづらいのですが、白色寄りの綺麗なアイボリーカラーです。この色はどの服を着ても邪魔をしないので、むちゃくちゃ使いやすいんですよ。

新品の革だけど超快適です。

そして紐を通したSPM-110を早速履いてみると・・・やっぱり快適です。買ったばかりの革スニーカーって十中八九足が痛くなるんです。なのに、これは全く痛くならないんです。こんなスニーカー、そうそうありません。

これが履けば履くほど馴染んできて、少し革が柔らかくなってきた頃が最高に快適なのです。ほんとノーストレスとはこういうことなんだ、というのが体感できると思います。

とにかく履いてみて下さい!

スニーカーの良さをどれだけ文字で伝えても、なかなか伝わらないと思います。なので、実際にシューズショップで見かけたら、ぜひ一度試着してみて下さい。履けば分かります。

余談にはなりますが、私こうやって地道な宣伝活動を続けた結果、スピングルムーブ仲間を何人も増やすことに成功しました。スピングルムーブの広報として業務委託を引き受けたいくらいですw

そんな魅力的なスニーカー「スピングルムーブ」のご紹介でした。ポチッと一足よろしくお願いします。

スポンサーリンク