宮崎謙介議員の辞職がきっかけで「不倫=議員辞職」というムードが広がればいいと思う。

日本の希望は創れなさそう・・・

先週から騒動となっていた宮崎議員の不倫疑惑について、本日会見が行われました。結果としては、宮崎議員が辞職をするという形で責任を取るとのことです。

不倫疑惑の宮崎謙介衆院議員が辞職を表明 「軽率な行動を深く反省」「いつか大きくなって帰ってくることができれば…」(ヤフーニュース 2016年2月12日)

表向きはこれで収束するかもしれませんが、関係者(当人、妻、女性タレント)にとってはこれからが正念場。私が宮崎議員と同じ立場に立たされたと思うと・・・想像するだけで吐きそう。

この不倫騒動が与えた影響を改めて振り返ると、やはり育児休暇を取得する男性に対するイメージを悪化させた(「男というのは子どもが産まれる前でも不倫ができるものなの?」という女性の声)ということに尽きると思います。

これだけのことをしでかした宮崎議員の罪は相当に重い。本人がいくら頑張っても取り戻せないだけのマイナスインパクトを与えました。そんな中でも「何か一つくらいは良い影響を与えたのでは?」と考えてみたのですが、一つだけありました。

[adsense_res]

宮崎議員が早期に辞職意思を表明してくれたことによって、「不倫は議員辞職に相当するほどの罪である」という理解が広まる。

不倫問題といえば、山本モナと現場をフライデーされた細野議員が有名ですね。この時は上手く逃げきれることができましたが、今このタイミングで同じことが起きたら謝罪では済まない可能性が高いでしょう。

ゲス不倫・宮崎氏の辞職を受け、民主・モナ男ら政界不倫男どもは一体どうする?(産経ニュース 2016年2月12日)

当事者間の問題である不倫ではありますが、そもそも国会議員は「社会の公器」であります。なので、まず議員としての能力より「人としてどうなのか」が重視されてしかるべきだと私は思います。こういう点を有権者があらかじめチェックできる仕組みがあると良いのですけどね。

話は変わりまして、議員つながりで面白いネタを発見しました。議員といってもいろんな経歴やスキルをもった方がいますね。こちら気になる方はぜひ買ってみて下さい。

スポンサーリンク