仕事が「合わない」と感じたら、思い切って辞めるべき。

▼この記事をシェアする

noteに有料記事を一本追加しました。今回は約2700文字で100円となっております。マガジンは200円なのでめちゃくちゃお得です。支援も兼ねてポチッとしていただけると嬉しいです。

仕事が「合わない」と感じたらすぐに辞めるべき。とある会社を3ヶ月で辞めて一部上場企業に転職できた話。

合わない仕事はすぐに辞めるべき

石の上にも3年というのは、自分に合った仕事に巡りあうことができて初めて意味の出てくる言葉だと思ってまして。

仕事のモチベーション維持で大切なのは、「自分の得意なスキルを活かすことができているか」の1点だったりしますからね。

実際にそこが合わなかった私は大きな挫折を味わったわけで・・・

営業というものは、お客さんの課題を「商品を使った提案で」解決することで対価を受け取る職業であると私は考えています。となると、その商品をいかに好きになれるかが大きなポイントだったりするわけです。
中には「それは仕事だから」と割り切って提案することができる人もたくさんいましたが、私はどうしてもできなかった。自分自身が腹落ちしていない仕事を意に反して続けるのってめちゃくちゃ精神的にキツイのです、本当に。

筋が通っていれば辞めても良い

だから、どうしても自分にあわなかったり、ポリシーに合わないようであればすぐ辞めていいと思います。転職に不利になる?そりゃ当たり前ですが、自分の貴重な時間のほうを優先しましょう。

退職で不利になるとはいえ、マイナスと受け取らない企業もたくさんあります。実際に私はその後の転職面接でも堂々と3ヶ月で辞めた理由を話しましたからね。自分がどう思っているかです。

5社から内定をいただき、その中で東証一部の有名SIerに入社しました。
「東証一部の企業が3ヶ月で辞めた人を採用してくれるのか」と思う方もいるでしょう。でも、そこは面接時にどう伝えるかの問題でしかありません。

ノートの中にはこういった話だけでなく、本当にキツかったことなどを生々しく書いています。もっと読んでみたい方はぜひ購入して頂ければと思います。

このあたりをズバズバと言い切ってくれるのがホリエモン。私はこの人ほど強くないので苦労を重ねてきましたが・・・。こちらも参考になるので手にとってみて下さい。

スポンサーリンク