就活中の大学生におすすめ!NewsPicks「いま私が22歳だったら」シリーズ

▼この記事をシェアする

NewsPicksのオリジナルコンテンツが少しづつ充実してきています。その中でも私が毎回楽しみにしているのが「いま私が22歳だったら」シリーズ。努力と苦労を積み重ねてきた経営者が、その観点で新卒入社する会社を選ぶというのは今までになかったコンテンツなのではないでしょうか。

【Vol.8】DeNA創業者・南場智子氏「いま私が22歳だったら、絶対マッキンゼーには行かない」

【牧野正幸】いま私が22歳だったら「フェイスブックかグーグル」に行く

【藤田晋】もし、いま私が22歳だったら「リクルート」に行く

“行く”と”行ける”は別物である点と、この3名が上記の企業に入って再び成功できるのかはわからないという点はあるものの、少なくとも「勝ち筋」を経験してきた方々ばかりなので、ビジネスパーソンとして成長・成功する確率は高いのは間違いないのでしょう。

スポンサーリンク

いま私が22歳ならこの会社を選ぶ

誰も求めていないと思いますが笑、一応私の意見も書いておきます。具体的な企業の前に、企業選びのポリシーから。

会社員になるならベンチャーよりも大企業を選べ

大学を卒業していきなりベンチャー企業を立ち上げたり、フリーランスとして働く人は先輩の意見は聞かなくて良いです。自分の思う道をそのまま突っ走ってください。でも、そうじゃない人が99%のはずです。

そういう人は、まず大企業に入るべきだと考えます。なぜなら、人を基礎から育てる仕組みが整っているから。ビジネスマナーを叩きこまれ、組織の中で仕事を潤滑に進める方法を、きちんと教えて貰えます。

大企業をディスる方々もたくさんいますが、何を言われようともそこまで企業を成長・存続させてきたのは事実なのです。そこには成熟した仕組みがあり、そこを徹底的に学べば、仕事をする上での基礎能力はしっかり身につきます。

いま私が22歳なら「リクルート」を選ぶ

藤田社長と同じく、リクルートを選びます。

全く同じ意見というわけではないのですが、国内の大企業で「自由度が高い」「報酬が高い」「動きが早い」「仕組みがしっかりしている」といった要素が詰まっていて、高い次元で成立している会社はここぐらいなのではないでしょうか。

もう一つの候補「P&G」と悩んだのですが、成長スピードで言うとリクルートの方が早いかなぁと。10年20年働くつもりであれば、前者を選びますけどね。超ホワイト企業として有名なので、既に人気だとは思いますが。

結果的に選ぶのは「自分」

ここまで書きましたが、最終的に選ぶのはあくまで自分です。いくら著名人が「この企業が良いよ」と言っても、その通りに試験を受けて入社するような人だと、いずれ後悔することになるでしょう。大切なのは自分の意志です。

とはいえ、本当にやりたいことや入りたい会社が分からない人も多いでしょう。そういう時に、これらの企業を候補に入れておくのは良いアプローチだと思います。そういうところを目指している人たちと交流をしてみるのもおすすめです。

補足ですが、大学生だとNewsPicksのこの記事を無料で読めます。読んで損することはないので、就活で疲れたかたは、ぜひ時間をみつけて読んでみて下さい。

NewsPicksへの要望

唐突なのですが、このシリーズを読む度に「割り切りで読めるといいのになぁ」と思うんですよね。NewsPicksの有料記事としてあるのは良いのですが、例えばnoteでコンテンツをバラ売りするとかしてくれれば、もっと多くの人に読んでもらえるのになーと。

NewsPicksでnoteアカウントを作って販売すれば、結構売れると思うんですけどね・・・中の方々、ぜひ検討してくれると嬉しいです。流行っている今のうちに、ぜひ。

スポンサーリンク