使いすぎると悲惨なことに!?点鼻薬「ナザール」を使うときの注意事項

鼻づまりを和らげてくれる「点鼻薬」をご存知でしょうか?即効性もあり効き目も強いため、この季節は手放せないという人も多いでしょう。

ところがこの点鼻薬、使い方を間違えてしまうと症状が改善どころか、悪化する可能性があるのです。

私も昨年から使っていましたが、今シーズンに入り「例年より症状が酷い」と感じるようになりました。

薬を飲んでも全く改善せず困っていたのですが、ふと常用している点鼻薬が気になり使用を止めたところ、一気に改善したのです。

効き目の強い「ナザール」の問題点

私が昨年から使っていたのは「ナザール」というスプレー式の点鼻薬。価格が安く、スプレーひと吹きで症状が改善する点が人気で愛用者も多い薬です。

なぜ即効性があるのか。理由は薬に含まれている成分を見れば分かります。

【成分・分量(100mL中)】
・ナファゾリン塩酸塩 50mg
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg
・ベンザルコニウム塩化物 10mg

この「ナファゾリン塩酸塩」は「血管収縮剤」と呼ばれ、血管を縮めることで炎症を抑える効果を発揮します。

点鼻薬だけではなく目薬にも使われている成分なので、知らず知らずのうちに使っている人もいるのではないでしょうか。

この「血管収縮剤」こそが、私の鼻づまりを悪化させていた犯人でした。

この血管収縮剤を常用すると、血管の収縮と膨張が繰り返されて、最終的には膨張したまま(炎症が起きた状態)になってしまうらしいのです。

私がいくら薬を飲んでも症状が改善しなかった理由はこれだったらしい。今のタイミングで気づくことができて本当に良かった。。。

使うなら「ナザールAR」がおすすめ

で、どの点鼻薬が良いのかを調べたところ、ステロイド剤が入った「ナザールAR」が良いとのことで、早速購入しました。

値段はナザールの2倍以上!高い!

のですが、血管収縮剤が入っておらず副作用のリスクが少ないという点は素晴らしいですね。とはいえステロイド剤が入っているので常用は禁物。花粉ピーク期間の1ヶ月限定で使うのが良いらしいです。

ナザールと違って点鼻したらすぐ効き目が出るということはありませんが、数日間続ければ効果が出てきます。かなり快適になるのでしばらく我慢して使ってみて欲しいです。

私の場合は、ナザールからナザールARに切り替えて3日ほどしてから効果が出始めました。夜寝ている間の鼻詰まりが明らかに軽くなったので、かなり感動しました。寝不足も無事解消w

花粉症を乗り切るグッズ8選

私がオススメする花粉症対策グッズは、今のところこの組み合わせが最強だと思います。薬は人によって合う/合わないがあるのであくまで参考ですが、その他のものは確実に効果があるといえるものばかりです。

【花粉防止】
・マスク
・花粉対策メガネ

【洗浄】
アイボンAL
ハナノア

【室内洗浄】
プラズマクラスター(HEPAフィルター)

【薬】
ナザールAR<季節性アレルギー専用> 10mL
・目薬(抗ヒスタミン剤入り)
・アレロック

マスク着用くらいしか対策をしていない人は、ぜひ試してみて下さい。飲み薬とハナノアによる鼻うがいだけでも抜群の効果がありますので、ぜひお試しを。お互い辛い季節が続きますが、頑張って乗り越えましょう!

スポンサーリンク