マルチ、出会い系、ゲームデータ売買・・・コミュニティアプリ『メルカリ アッテ』がヤバすぎる!

メルカリが新しくリリースした地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」が無法地帯でヤバいと各所で話題になっています。

フリマアプリのメルカリとは違い、こちらは「地域のコミュニティアプリ」という位置付け。なので基本的には会員登録すれば無料で使うことができます。

アプリ内では、中古品の売買、趣味仲間の募集から人材の採用まで「ほとんど何でも」取引できます。審査も特にありませんので、その責任はユーザーに委ねられることになります。

ところが、そのユーザー同士が作り上げた「場」がとてつもなくカオスなことになっているのです。

怪しい投稿内容が多すぎる

早速アプリをダウンロードして投稿内容を見てみました。噂に違わぬカオスっぷり。これは酷い。まさに無法地帯w

怪しさ満点の情報商材屋とか、

アフィリエイトっぽいやつとか。こういうのはまだ軽い方で、

これはアウト?と思われるやつとか、

モンストのデータも・・・。


ゲームデータの販売はメルカリだとNGですが、メルカリ アッテの利用規約には書かれていませんね。普通なら即アウトですがだ・・・。

他にも明らかに出会いを求めるような投稿もあったり、ネガティヴ要素だらけでどこから突っ込めばいいのか分からないレベルなのてですよ。

Give and Takeが通用しない

驚いたのは、ノウハウを「無料で教えてくれ」という投稿がめちゃくちゃ多いということ。これ本気で書いてるなら相当ヤバい。

英語の勉強法についても似たような投稿だらけ。お金を払うという人でも、高くて1000円とかその程度。

「コミュニティだから無料で教えてもらえる」という認識だったら、改めて欲しいところですが。

このままだと確実にヤバいことが起きる

メルカリ(厳密には子会社のソウゾウですが)が何を思ってこのアプリをリリースしたのかは分かりませんが、「とんでもないアプリを出しちゃったな」というのが率直な感想です。

これ、ユーザー数が少ない今のうちに「監視体制の強化」と「出品ルールの厳格化」をしておかないと、近いうちに間違いなくトラブルが起きます。

その前にApp Store上から取り下げになるかもしれませんが。それくらい危険な香りがするのです。大型の資金調達も完了して絶好調なメルカリの足を引っ張ることにならなければ良いのですが。