ガチすぎる内容の「東京防災」が電子書籍で登場。無料なのでダウンロードしておくべし!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ「こてつのブログ」管理人。東京で消耗して地方に移住した元エンジニア。生活を便利にしてくれるIT(ガジェット、WEB、アプリ)情報、地方暮らし、仕事論など幅広い記事を書いております。

東京都が発行している防災マニュアル「東京防災」が電子書籍として登場しました。公式サイトからPDFをダウンロードすることも可能ですが、電子書籍の方が読みやすいですよね。

出版対象となる電子書籍ストアは以下の通り。KindleやiBookstoreといった主要ストアからマイナーなストアまで、カバー範囲は相当広いるので、読めない人はまずいないでしょう。

・iBookstore
・GALAPAGOS STORE
・kindle
・コボ
・CDJAPAN
・セブンネットショッピング
・SonyReaderStore
・dブック
・Digital e-hon
・NEOWING
・ひかりTVブック
・ブックパス
・BookPlace
・BookLive!
・BookLive! for Toshiba
・honto
・漫画全巻ドットコム
・Yahoo!ブックストア
・ロマンスブックカフェ

3/30(水)から各ストアでダウンロード開始になります。もちろん無料です。いざという時のためダウンロードしておきましょう。


東京防災(Kindle版)

とはいえ、災害が起きた場合はスマホやタブレットが電池切れで使えない場合もあります。電子書籍版だけではなく紙面版も必ず持っておくようにすることをオススメします。

今まで東京防災を読んだことがないという人は、これを機会にぜひ読んでみて下さい。東京都以外に住んでいる人にも役に立つ、充実した内容ですので。

内容がガチすぎると話題の「東京防災」は本当に凄かった!都民なら必ず読んでおくべき一冊。

この記事をシェアする