診断結果によると私のストレス度は43ptで「ストレス要因は全部無視!」タイプらしいw

昨年の12月から開始されたストレスチェック制度、最近ではストレス度を簡単にチェックできるサービスが増えてきました。先日も紹介した@メンタルヘルスのサービスもそのうちの一つ。

http://www.tepkode.com/2016/03/10692.html

今回新たに紹介するのはヤマハ発動機が提供する「ストレス診断」というサービスです。特徴的なのは、統計データに基づき診断する「ディグラム診断」という手法を使っている点。

ということで、早速やってみました。

ディグラム診断について

最初に少しだけ説明をしておきます。このディグラム診断は、数十万人規模のアンケートと数千項目のデータベースの内容に基づいて行われるプログラムで、マスメディアで取り上げられる機会も増えてきています。

スクリーンショット 2016-04-07 9.38.19

この分野の第一任者でもある木原誠太郎氏のインタビュー記事を読むと、どういうものかがイメージできるかと思います。興味がある方は読んでみて下さい。

http://tocana.jp/2014/12/post_5425_entry.html

気になる診断結果は・・・?

というわけで、早速診断してみました。進め方は簡単で、全部で20個ある質問にポチポチと回答していくだけ。

回答は直感で選ぶのが良いでしょう。こういう質問があると、つい良く見える方を選んでしまいがちですけども。

スクリーンショット 2016-04-07 9.38.50

感情で決めるかなー。

スクリーンショット 2016-04-07 9.39.16

攻撃的にはならないなー。

スクリーンショット 2016-04-07 9.39.41

とか。で、気になる診断結果は・・・?

ストレス度は42ptで、ストレス要員を全部無視するタイプのようです。ストレス耐性があるというより、ストレスだと感じないのかもしれません。

私もその通りだと思います。当たり過ぎていて怖いw

スクリーンショット 2016-04-07 9.40.23

簡単にできて面白いので、ぜひやってみて下さいね。

ストレス診断 by Revストレッチ | Yamaha Motor