戻ってこい、くまモン。熊本県民が待ってるぞ!

4月14日を最後にぱったりとツイートが止まってしまったくまモン。

熊本県によると、被災者の対応を再優先するために活動を休止しているとのことです。

くまモンがツイッター停止 熊本県がネット上で発表「被災者を最優先」

でも、あえて言いたい。

今こそ戻ってくる時だ!

みんなくまモンを待っているぞ!

見てくださいよ、このツイートの数々。

自粛すべきところはしたほうが良いのは間違いありません。でも、一律に活動を自粛するのはちょっと違うんじゃないかなと思います。この「自粛ムード」については、先日ホリエモンもコメントを出していましたね。

ホリエモン、震災巡る“自粛ムード”は「社会にとって良くない」

私の意見もほぼ同じです。

自粛する=配慮するという心がけは大切ですが、意味のない自粛は誰にとってもプラスにならない。むしろ、皆を元気にするような活動であれば自粛どころか今まで以上に頑張ってやるべきだと思うのです。

これだけ愛されているくまモンが活動を再開したことで、「被災者の気持ちを考えていない。不謹慎だ!」と騒ぐ人と「くまモンが帰ってきた!嬉しい!」と笑顔になってくれる人、果たしてどちらが多いでしょうか?

言わずもがなでしょう。だから、くまモンは今すぐに戻ってくるべきなんです。

そして、いつもの明るさで県民に元気を分けてあげて下さい。そして、県外の人たちにはグッズ販売、募金の協力、ボランティア募集などを積極的にPRしていけば良いのです。それこそが今求められている行動でしょう。

熊本県庁の皆様、よろしくお願いします。


くまモン マネしておしゃべりぬいぐるみ

スポンサーリンク