集英社が人気マンガ「銀魂」を使ったお小遣いアプリをリリース

出版社がこういうマネタイズを考えてくるということは、相当厳しい状況なのでは・・・と邪推してしまいます。

人気マンガ「銀魂」の公式アプリ

銀魂 無料連載公式アプリ
銀魂 無料連載公式アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

マンガアプリといえば「comico」「マンガBOX」「めちゃコミック」あたりが有名ですが、ここ最近では出版社がアプリを提供しはじめたようです。中でも集英社は「ジャンプ+」ユーザーも順調に増えており手応えを掴んだようで、これからさらに力を入れてくるのは間違いないでしょう。

今回リリースされたのはジャンプの中でも人気の高い「銀魂」を使った専用アプリ。途中まで無料で読むことができる点は他のマンガアプリと同じですが、特徴的なのは「お小遣いアプリ」の要素がガッツリ入っていること。出版社がここまでガッツリとマネタイズに踏み込むのは以外です。

最初の数話は無料で読めますが、読み進めていくうちにポイントが要求されます。お金を全く使うことなく読もうと思うなら、「ポイントを貯める」か「動画広告を見る」を選ぶことになります。動画広告は見ても数ポイントしか貯まらないので、実際にはポイントを貯めるを選ばざるを得ません。

ポイントを貯めるには、このアプリと連携しているサービスに登録する必要があります。ニコニコ動画の有料会員(300円/月)への登録だと100pt、乗換案内NEXTへの登録だと22ptが貰えます。そう、いわゆる「お小遣いアプリ」と全く同じ仕組ですね。

リワードといっても、アプリではなくあくまでもWebサービス(有料/無料)の会員登録をさせることが目的。アプリではないため、Apple/Googleの規約にも引っかかることは無さそうです。それにしてもマンガアプリにWebサービス限定のリワードを入れるなんて誰が考えたんだろう・・・。

アプリ内をよく見ていくと、リワード広告でガッツリとマネタイズしようとしていることが良くわかります。銀魂キャラクターをふんだんに使った解説まできちんと用意されていますからね。マンガアプリに見せかけたお小遣いアプリという理解が一番正しいでしょう。

このアプリの評価

「銀魂」を無料で読めると言うのがアプリの売り文句ですが、正直無料で読みつづけるのはかなり大変です。動画広告でポイントを貯めるにしても、何十回・何百回と見る必要があるため、とにかく時間がかかる。なので・・・

専用アプリを使う必要はない。どうしても読みたいのであれば、マンガ喫茶に行って読むか中古本を買って読んだほうが良い。

というのが私の個人的な評価。このアプリを使って何とかポイントを貯めようと思うと損します。普通に考えたら、有料会員に登録したら100ptもらえるとか、登録した人が損しているだけですからね。そして得するのは、リワード業者だけという。。。

コスパを求めるなら、やっぱりマンガ喫茶や中古本が一番でしょうね。マンガ喫茶だと全巻読んでも1000円〜2000円、中古本だと13000円〜14000円、電子書籍で買うと20000円〜25000円。この差は大きいですね。

スポンサーリンク