楽天の学生向けサービス「楽天学割」のメリット・デメリットまとめ

高校生・大学生・大学院生の方は必見です。

楽天学割とは

「楽天学割」トップページ

学割って嬉しいですよね。スマホ料金のように「1つのサービス」が割引されるだけでもかなりのお得感がありますが、この「楽天学割」を使うと楽天グループの複数サービスがまとめてお得になります。

【学生限定】楽天学割

といっても実際に「使える割引」が少なければ意味がありませんよね。というわけで、楽天学割の中で「大学生が喜ぶ」と思う割引がどれだけあるのかをチェックしてみました。

楽天割引のメリット

私が学生だったら使うだろう割引は4つありました。

▼クーポンで送料無料

送料にかかる700円って結構痛いんですよ。送料が無料になるクーポンが最大で24枚貰えます。買い物好きな学生にとってはこれが一番嬉しいかも?

▼楽天ブックス ポイント10倍

教科書や参考書って高いんですよねぇ・・・。大学でしか買えない本以外は、まとめて買うとポイントがめちゃくちゃ貯まります。

▼楽天トラベル4000円OFF

夏休みや冬休みはもちろん、卒業旅行の時に使ってみてはどうでしょうか。帰省時の高速バス移動で使うのもありでしょう。

▼楽天モバイル3ヶ月無料

仕送り+バイト代で生活している大学生にとって、スマホ料金はかなりの負担。格安スマホで基本料が安いとはいえ3ヶ月無料は相当嬉しいはず。

楽天割引のデメリット

年会費が1,780円かかる以外、学生の負担になるようなものは見当たりませんでした。かかると言っても月に140円ほどなので、実質的なデメリットは無いと言えるでしょう。

まとめ

楽天モバイルへの加入や楽天ブックスでの教科書・参考書まとめ買いすればあっという間に元が取れる金額ですね。例えば楽天モバイルの場合、普通に加入すると無料期間は1ヶ月。なのでプラス2ヶ月分お得になるというわけです。

楽天モバイル

楽天学割への入会条件は、15歳〜25歳までの学生であることと、入会時に学生証をアップロードする必要があるという2点のみ。今なら6ヶ月無料で利用できるので、対象の方がいればぜひ使ってみて下さいね。