引越し一括見積りの電話地獄から逃れる方法

▼この記事をシェアする

昨年ブロガーたちの間で話題になったネタを改めて。

スポンサーリンク

引越し一括見積りはヤバい。

引越し費用を手早く調べたいときに便利なのが、引越しの一括見積もりサービス。情報を一回登録するだけで最大10数社から見積もりを取ることができるのです。

超便利でいいじゃん。そう思いますよね。そう思ったあなたは、私と同じ罠にハマってしまう素質が十分にあります。それはどんな罠なのか。

“電話地獄の罠”

であります。一括見積もりサービスに必要事項を記入して、送信ボタンを押す。この時点から戦争は始まっているわけです。気を休める暇は一分たりともありません。

hikkoshi_ikkatsu_form_1

フォーム送信後、早い場合は数分後には電話が掛かってくるんですよ。夜7時に申し込みしても電話がバンバンかかってくる。彼らに営業時間という常識は通用しないらしい。

一括見積りの初心者だった僕は「どうせ初日だけだろう」と甘く考えていたのですが、なんと、3日間にわたって電話が掛かり続けてきました。仕事中でもお構いなしで掛かってきます。

さすがに鬱陶しくなってきたので「メールで見積もりを送って欲しい」と返答しつづけたのですが、全く効果はありませんでした。メール返信にかかった時間を返してほしい、マジで。

それで、最終的にどれだけの電話が掛かってきたか。

3日間で52回。

今回の一括見積りで依頼をかけた引越し業者は6社。もっと多くの業者に見積もり依頼を送っていたら・・・と思うと恐怖でしかありません。6社で済んだのが不幸中の幸いでした。

着信回数が多かった会社は?

あくまで「僕の場合は」ですが、着信回数を調べてみました。一番多かったのは「サカイ引越しセンター(0120-502-055)」で、ぶっちぎりの1位。最後のほうは電話番号を覚えてしまいました

続いて「アート引越センター(0120-012-380)」と「中央引越センター(0120-072-020)」です。他の会社はコールセンターの人数が少ないのか、2~3回もすればかかってこなくなりました。

ちなみに、大手の引っ越し業者はフリーダイヤル以外の番号からも電話を掛けてくるのでご注意下さい。僕も「誰だろう?」と思って電話にうっかり出てしまったことがあります。

対策1:IP電話番号で申請する

そんなわけで僕は見事罠にハマりましたが、その経験をもとに電話を出来る限り回避する方法をまとめておきたいと思います。

まず最初にやっておくのは「IP電話番号の取得」です。無料アプリ「SMARTalk」だと登録料と月会費ともに無料でなのでおすすめです。

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
無料
posted with アプリーチ

番号を取得したら、一括見積りフォームに050番号を記入して送信しましょう。IP電話番号を記載しておけば、いざ着信があっても通話アプリのプッシュ通知をオフにしておくだけで着信を防ぐことができるからです。

携帯電話の場合はそう簡単ではありません。何か合った場合に連絡が取れなくなる可能性があるので、電源をオフにしておくのは現実的ではないですよね。かといって一件一件着信拒否設定するのも面倒だと思います。

対策2:荷物量を正確に伝える

引っ越し業者は「部屋を見ないと正確な見積りができない」ため、最初から電話を掛けてくるのです。なので、荷物量を可能な限り正確に調べて伝えておくようにしましょう。

できるようであれば、必要になるトラックの大きさ(2トン、2トンロング、等)も伝えておくと良いでしょう。これらの情報があれば訪問なしでも、ある程度正確な見積りができるはず。

申請フォームに、正確な荷物量・トラックのサイズを記載の上、「概算見積もりをメールで送って下さい」と記載して送りましょう。提出できる情報は早めに出しておくのがコツです。

対策3:「電話のみ」は候補から外す

時間を節約したいのであれば、メールでの概算見積りを送ってくれない業者は候補から外したほうが良いでしょう。経験上、メール対応してくれる業者は信用できる会社が多かったです。

逆に、とにかく電話をかけて「訪問見積りさせて下さい」というところは、無駄に時間を消費してしまうので要注意です。営業活動で一生懸命なのはわかりますが、こっちも忙しいのです。。。

番外編:乗り捨てレンタカーを使う

http://www.nipponrentacar.co.jp/service/oneway02.html

ちょいネタを一つ。引っ越しの距離が近めでかつ人手が確保できそうであれば、思い切ってレンタカーを使うという方法もあります。

普通のレンタカーは借りた営業所に返却しないといけないのですが、大手レンタカー会社だと乗り捨て(ワンウェイ)できるサービスもあるので、これを利用しましょう。

タイムズカーレンタル

じゃらんレンタカー

そろそろ電話営業やめません?

引越しする度にこう思います。営業が要なのは分かるんですが、そろそろ利用者のことも考えて電話営業から卒業して欲しいのですよ。

一括見積り→電話営業→現地見積もり→引越しという一連の流れって、昔から全く変わってないんですよね。入り口がWebなだけで、やり方はアナログそのもの。

最近だと引越しラクっとNAVIのように「電話」に対する課題意識を持っているサービスが出てきましたが、欲を言えば最初の「電話」自体無くなって欲しい。

割り切ったサービスを希望。

本気でやろうと思えば、Web上で完結できる見積もりサービスを提供することは可能なはずなんです。例えばこんな感じの流れにしてみたらどうでしょう。

(1)家具の種類や住所などの情報を入力する
(2)自動見積り結果と空き予定を返送する
(3)問題なければ申し込む。支払いもここで行う。
(4)ダンボールを渡す
(5)梱包
(6)引っ越し

これであれば、当日まで引越し担当者に会う必要もありません。要は(2)の時点で引越し主が正確な情報を入力しさえすれば、現地の見積もりなんて不要のはずなんですよ。

当然ありえるのは、引越し当日に記載内容になかったものや申告よりサイズが大きいものがあった場合。これは、あらかじめ「トラックの容量までしか運ばない」と最初に契約しておけばいいのです。

そうすれば最初から引越し主は大きめのトラックを申し込むはず。荷物が溢れるのが一番怖いですからね。そうすると業者としては単価が上がり、作業効率も上がるはずです。

ニーズはあると思うんですけどねー。

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする

この記事をお届けした
こてつのブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク