【PR】MUSONのバックカメラ「S1」は中級者向けの高コスパ商品

愛車スイフトを買ってもうすぐ一年。初期費用を安く抑えるためオプション品をほとんど着けていなかったのですが、車に乗る機会が増えるに従って欲が出てきまして。

カーナビは買ったので「次はバックカメラにしよう」と思っていたところ、タイミング良くSoundPEATS社からバックカメラのレビュー依頼が!ラッキーというよりタイミング良すぎて怖い。

そんなことを言っていたら怒られかねないので早速レビューしていきたいと思います。結論から先に言っておくと、ある程度クルマのことに詳しい人にであればおすすめできる商品です。

パッケージと説明書は全て英語

最近の海外製品は日本語化されているものが大半ですが、このS1は海外版そのまま(少なくとも私が購入した時点では)。商品が取り出しづらいパッケージだったので、この時点で少しテンション下がりました・・・。ここは改良して欲しいところ。

20160528_muson_rearcamera1

中に入っているのは、カメラと接続用のケーブルセット。

20160528_muson_rearcamera2

そしてこれが説明書。

20160528_muson_rearcamera3

分かり辛い上に情報が少ない!

英語なので読解に時間がかかるのを差し引いたとしても、説明書の分かりづらさが半端じゃない。日本で売るのなら日本語化してもっと分かりやすい説明図にしないと厳しい。

さらに不満だったのは、対応するモニター機種情報が全く不明な点。私のようにサンプル提供してもらう人ならまだしも、買った後に「使えない」ことが判ったらショックですからね。

と思っていたところ、日本語化についてはほぼクリアされたようです。Amazonの商品説明ページに日本語付きの商品画像がたくさん追加されていました。この迅速な動きは素晴らしいです。

取り付け&視聴

仕組み自体はシンプルなので、機器類の取り付けが得意な人であればすぐに取り付けできます。

ですが、「クルマに乗るが初めて」「機器を自分で取り付けたことがない」という人だと、ちょっと厳しいかもしれません。特にカメラ〜後方ケーブル周りは分かりづらいですから。

こちらはAmazonのレビュー内容になりますが、この内容を読んでもイメージがわかない人は素直に別の方に取り付けをお願いしましょう。

さすがに面倒だったので車にブリッジ接続して試しました
暗視・防水・画質共問題なく動作・確認できました
純正品とカロッツェリアで試しましたがソフトできちんと認識してくれました

車の種類によっては配線が届かない可能性もあるので注意してください
車のバックライトの配線と直結すれば割りと簡単に取り付けできます
映像データ線はナビ本体まで引かないといけないのでそこの手間は変わりません
元々付いているカメラと交換するならすぐなんですがね;
LEDライトも装着してあります カメラ横です

ちなみに私の場合はモニタに接続して試してみましたが、特に問題はありませんでした。主な仕様は以下の通りで、決して高性能とは言えませんが実用には十分なレベルかなと。

●31万画素超高感度CMOSセンサー搭載します。
●レンズ角度45°+視野角度110度、広視野角で周囲の安全を確認できます。
●F値2.4の高性能レンズにより夜間でも視認性の高い映像を映し出します。
●IP67の高い防水性リアビューカメラです。
●防水防塵は基準をクリア、自動赤外線機能付きなので、夜間の使用も安心です。

難はあれど、この安さは魅力!

Amazonの売れ筋をチェックしてみると・・・

カロッツェリア バックカメラユニット ND-BC8-2 ECLIPSE BEC113 ECLIPSE専用バックアイカメラ BEC113

パナソニック バックカメラ CY-RC90KD

有名メーカーの製品がやっぱり人気のようです。性能は申し分ないと思われますが、その分価格は7000円〜9000円台とお高め。一方、MUSONの価格は1500円程。

この価格差をどう考えるかは人それぞれですが、コスパ重視で考えるなら選択肢の一つとして考えるのも十分にありだと思います。興味のある方はぜひお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です