軽い!速い!安い!魅力だらけの「新Kindle」クイックレビュー

ここ最近、読書は全てKindleで済ませてます。読みたい本があればその場で買えるし、本を何十冊も持ち運べる。これに一度慣れてしまうと紙の本に戻れないです。ほんと。

Kindle本はスマホアプリでも読めますが、絶対にKindle端末で読んだ方が楽です。というのも読書に集中できるから。読んでる時にプッシュ通知とか来たら気が散りますよね。

そんなKindle端末に新しいモデルが登場。早速買って使ったので簡単にレビューしてたいと思います。毎度のことですが、プライム会員だと4000円オフの4980円。何でこんなに安いんだろう。

スマホより軽い?全モデルより16%も軽量化!

Amazonといえばダンボールのイメージですが、今回のKindleはスカイブルーの爽やかなパッケージ。すぐ捨てちゃいますが、味気ないよりは嬉しいですよね。

8th_gen_kindle_1

中身はいつも通りの3点セット。

8th_gen_kindle_2

コレ、めちゃくちゃ軽いです。

本体の重さは161グラム。自宅で使っているFireタブレットの重量は311グラム。毎日持ち運ぶことを考えると、この150グラムの差はかなり大きい。

処理が早くなって、サクサク動くようになった!

新Kindleの魅力は軽量化・小型化だけじゃありません。処理速度が劇的に早くなりました。これは感動モノですね。CPUが変わったのかな?

そのおかげでKindleストアで本を探す時や画面の切り替えを待つ時のストレスが激減しました。もうPaperWhiteやVoyageのような高級機種はいらないんじゃないかな。

というわけで、この新Kindleほんと良いです。通勤時間が長い人や出張が多い人は必携です。読書がめちゃくちゃ捗ります。プライム会員じゃない人は登録もお忘れなく。

コメントを残す