[PR]コンパクトだけどGoodな画質。MUSONのアクションカメラ「C1」レビュー。

サイクリングなどのアクティビティ中を撮影したい時に便利なアクションカメラ。一番有名なのはGoProですが、価格は最低3万円から。ちょっと手を出しづらいですよね。

今回紹介するMUSON「C1」は6000円ほどで買える、初心者にも使いやすい1台となっています。実際に使用してみた感想を含めたレビューを書いたので、ぜひ参考にして下さい。

開封して最初に驚くのは、パーツと付属品の多さ。

まずは中身のチェックから。見てわかるように、部品のバリエーションは豊富です。個人的にポイントが高いのは、予備バッテリーが付属品として入っていること。海外製品って付属品を買うのが大変なので、これは嬉しいですね。

muson_c1_1

ケースは丈夫。本体の作りはシンプルで、直感的な操作が可能。

アクションカメラの本体はハードケースにセットに最初からセットされています。ケースからの取り外しも、上部の黒いストッパーをパカっと外すだけ。

muson_c1_2

これは本体を正面から撮ったもの。電源ボタン、シャッターボタンはここにあります。シャッターボタンはメニュー操作での確定ボタンとして使います。

muson_c1_3

本体を横から見たところ。HDMIケーブル、USBケーブル、Micro SDカードはここから差し込みます。

muson_c1_4

電源ボタンを押し、再度押すと設定画面が開きます。写真にあるような解像度をはじめとした設定項目が20個ほど。意外と細やかな設定ができちゃうのです。

muson_c1_5

静止画も動画も、必要十分なクオリティ。

実際に撮影してみた結果がこちら。雨の日に撮影したので微妙なのですが・・・それなりに細部まで写っていませんか?晴れた日だともっとクッキリ写ると思います。

muson_c1_6

で、こちらが動画。同じ場所を歩きながら撮影してみました。高画質とは言えませんが、アクションカメラ入門として使うには十分でしょう。スマホ再生用に画質を少し落としてUPしているので、実際はもっとキレイに写ってます。

アクションカメラって、意外と面白いかも。

実際に使ってみると、簡単な操作でキレイな映像が撮れる「面白いアイテムだな」と思いました。普段はスマホでも撮影しないような場面を「撮ってみようかな」と思わせてくれるところも魅力ですね。

小型で軽量なので、自転車に着けたり、お子さんに持たせてみたり、はたまたペットに着けてみたり。珍しい映像が取れたらスマホに転送してYouTubeにアップすれば、すぐさま世界に発信できます。夢が広がりますね~。

MUSON アクションカメラ C1[メーカー直販/1年保証付]

スポンサーリンク