電球用ソケットを一瞬でシーリングソケットに変換できるグッズ「セパラボディ」が便利すぎる。

先日ブログ記事で紹介した人感センサーライトが本当に快適でして。

【超便利】廊下の照明をアイリスオーヤマの人感センサーライト「SCL7N-MS」に替えてみた

あまりにも快適なので一箇所だけでは飽き足らず、家中の照明は全部人感センサーに変えようかと本気で考えています。スイッチをON/OFFしなくていいことがこんなにも素晴らしいなんて。

次は玄関の照明!しかし問題が・・・

私が現在住んでいるのは築30年以上の古い一軒家。今時のマンションと違って照明スイッチの場所が「なんでここに着けたの?」みたいな場所にあったりして超不便。

ということで、廊下の次は玄関の照明を交換することに。取り付けた後の様子から先にお見せしますが、それなりに明るくて良い感じ。玄関開けると自動的にパッと点灯します。

irisoyama_light_2_1

今回玄関に取り付けるにあたっては、一手間加える必要があったのです。ライトを取り付けようと照明カバーを外してみると、こういう状態になってました。これだとソケット電球しか装着できないのです。

irisoyama_light_2_2

「これは工事しかないな・・・」と思っていたところ、これを解決してくれる画期的なグッズをAmazonのレビュー内容から発見しました。集合知ってすごいですわ。

それが電球ソケットをコンセントプラグに変換できる「WH4101PK」と、コンセントの穴をシーリング用ソケットに変換してくれる「WG4483PK」という代物。封筒がヨドバシ的なのは気のせいです。

irisoyama_light_2_4

これを組み合わせると・・・!

電球ソケットが一瞬でシーリングソケットに早変わり。これで人感センサーライトを装着することができるようになります。天井からの距離が少し空いてしまいますが、そこはご愛嬌ということで。

irisoyama_light_2_3

賃貸住まいの人はグッズを活用しよう

今回紹介したグッズ、集合マンションや新しい家に住んでいる人には必要ないと思いますが、私のように古い家を借りて住んでいる人には超便利だと思います。

賃貸だと工事するにも管理会社や大家さんに確認する必要がありますし、何よりお金がかかります。こういうグッズを活用すれば工事も原状回復も必要ありません。ぜひ活用してみて下さい。