それって本当にセール価格?Amazonでポチる前に「Keepa」を使ってチェックしよう!

こんばんは。Amazonのタイムセールで表示される魅力的な「◯◯%OFF」という文字。これに釣られて思わず「ポチッと」してしまった・・・Amazonヘビーユーザーなら一度は経験があるのではないでしょうか。

そんなAmazonの割引率が「価格の二重表示ではないか」という鋭い指摘をしたのがECコンサルタント永江一石氏による次のエントリー。私の実感としては、昨年あたりからこういう商品が急増してきたように思います。

https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=29443

その対策として同氏がピックアップしたのが「Keepa」というChromeの拡張機能。その機能があまりにも素晴らしくて、私もすぐさま友人に拡散。「もっと早く知りたかった」という声が続々届いています。

ということで、今回はこのKeepaという拡張機能を紹介します。本当に素晴らしい機能なので、PCを持っている人はChromeと合わせてインストールしましょう。Chromeの拡張機能って何ぞや?という方はこちらを読んでみて下さい。

https://support.google.com/chrome_webstore/answer/2664769?hl=ja

Chrome拡張機能「Keepa」とは?

keepa_function_1

「Keepa」Webサイトより

このツールを使うことによって、過去に定価で販売したことがあるかがひと目で分かります。つまり「このセール価格は本当に安い?」が分かるということになります。今まで無かったのが不思議なくらいですね。

定価10000円の商品がタイムセールで3000円(70%OFF)になっていたら「これは安い!」となりますが、過去に定価10000円で販売していた実績が無い場合は「二重価格」という消費者を騙す行為になるわけです。

「Keepa」の設定方法と使い方

インストールと初期設定

Google拡張機能の検索ページから「Keepa」を探します。面倒な方は直リンクを張っておきますのでこちらを直接叩いて下さい。

▶Google拡張機能検索

https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

keepa_search_1

Chromeウェブストアの検索結果

▶直リンク

https://chrome.google.com/webstore/detail/keepa-amazon-price-tracke/neebplgakaahbhdphmkckjjcegoiijjo?hl=ja

画面の右側にある「Chromeに追加」を押すとインストールが始まります。その際にKeepa.comのアカウント作成を促されますので、アカウントを作成しておきましょう。アカウントを作成しておけば、別のPCでも同じ設定のまま使えるので便利です。

拡張機能のオプション設定では、次のように細かな設定が可能です。チャートの外観を変えたり、特定商品の価格を追跡したりできます。普通に使うだけであれば、言語を日本語に設定するぐらいで問題ありません。

keepa_setting_1

Keepa設定画面

実際の使い方

Amazonの画面を見てもらったほうがイメージしやすいと思うので、そちらで説明していきます。まずはタイムセール対象商品から、割引率の高いものをピックアップしてみます。ノンブランドのデイパック。

keepa_sample_1

一見お得のように見えるリュックだが・・・

59%OFF!超お得!

と思いますよね?何も情報が無いままだと、このままポチッとしてしまう人もいることでしょう。ところがKeepaをインストールした状態で、画面を下にスクロールしてみると・・・

keepa_sample_2

過去の価格推移がまる分かり

価格の5400円で販売していた時期が存在しない=二重価格ということがひと目で分かります。過去の最高価格が3300円ほどなので、本当であれば32%OFFと書かれていないとおかしいんですよね。

もちろん、Keepaのデータが100%信用できるというわけではないし、販売側の言い分もあると思うので断定はできませんが、少なくとも消費者に対して正直ではないですよね。

サンプル一つだけ出すと不公平なので、一応ちゃんとしているものも。ということでAmazonベーシックの乾電池をサンプルとしてピックアップしてみました。

keepa_sample_31

安心のAmazonベーシックシリーズ

同じように画面をしたにスクロールしていくと・・・

keepa_sample_32

定価で販売していた実績ありを示すグラフ

販売価格にバラツキがあるものの、タイムセールの際には本当にお買い得な価格として販売していることが分かります。ということで、特にプライムデーなど大規模セールの時などには、こういう風にチェックすることで上手に買い物できると思います。

タイムセール商品は要注意!

早速、Amazonのタイムセール商品を一通りチェックしてみました。当たり前といえば当たり前なのですが、割引率が70%など極端に大きいものは、そもそもの定価を疑っておいたほうが良いでしょう。中でも以下のカテゴリーには要注意です。

◯ガジェット全般
◯衣類
◯アクセサリ
◯バッグ

中には本当にお買い得な商品もあることにはありますが、大半は・・・って感じです。「適当なこと言うんじゃねーよ」と思う方は実際にKeepaを使ってチェックしてみると良いと思います。本当ですから。

世間一般的には「Amazonの商品=安い」というイメージがあると思いますが、その安さが本当なのかどうかは消費者自信がきちんと見定めないといけないようですね。

個人的に、AmazonのセールはAmazonベーシックシリーズ、タブレットなどのガジェット類を狙うのが一番だと思います。