出張族に「Fire TV Stick」をオススメする理由

出張でビジネスホテルに泊まると、夜が本当に暇なんですよね。かといって仕事仲間と飲みに出るのもちょっとなぁ・・・そんな人にオススメしたいのが「Fire TV Stick」です。

このガジェットを「自宅で使っている」という人は多いと思いますが、私のように「持ち運んで使う」人はほとんどいないのでは。これ本当にもったいないので、ぜひ持ち運んで使いましょう。

参考までに、私の利用シーンを書いてみます。

①自宅リビング

ほとんどの人がこの使い方をしているかと思います。我が家でも自宅のメインテレビに1台挿したままで、プライム・ビデオやYoutube動画を見たりしています。

②自宅別室

私はPC作業用の別室があるので、リビングでTV見る気分じゃないなーという時は液晶モニタに2台目のFire TV Stickを挿して、Abema TVを見ることが多いです。

1台を使いまわしても良いのですが、家族と同じ時間に使いたいとなった場合に譲り合うのも面倒なので、2台持ってます。2台でも1万円しないので、自分用に持っておくのをオススメします。

③実家

実家とは得てして暇なもの。外出が億劫だし、テレビも面白い番組が無い。そういう時のために1台持ち運ぶことにしています。海外テレビ番組を見て大体寝不足になってしまうのがオチですが・・・。

「クレヨンしんちゃん」など子ども向けコンテンツも大量にあるので、小さな子どもがいる家庭だと大活躍するはず。都度DVD借りに行くのも手間がかかりますからねぇ。

primevideo_kureyonshinchan

④出張

出張でビジネスホテルに泊まる機会が多い人にも便利です。最近のビジネスホテルには液晶TVと無線LANが常設されていることが多いので、基本的にはそのまま挿して使えます。

中にはLANケーブルの口だけ用意されているホテルもあるので、そういう時は小型ルーターとLANケーブルを使いましょう。PCでも作業することを考えて、1セット持っておくと便利です。

⑤旅行

基本的な使い方は④出張と同じ。旅行で泊まるホテルのほうが設備は整っていることが多いので、使う機会はかなり少ないかもしれません。

とはいえ仕事の出張と違い、旅行は家族や友人と行くことがほとんど。旅行先を一緒に散策したり、旅行先でしか見られないローカルTV番組を見るほうを重視したほうが良いですね。

まとめ

上記で書いた通り、このFire TV Stickはインターネット環境とTVやディスプレイがあれば、多くの場面で活躍する魅力的なガジェットです。価格も4980円というありえない安さ。

ただし、Amazonのサービスを使わないと魅力は半減します。コンテンツもほとんど使えません。なので、端末を買う際は必ずプライム会員にも登録をしておきましょう。

端末価格とプライム会員の年会費を足すと約9000円になりますが、NetflixやHuluの会費、毎月数本DVDを借りることを考えると全然安いので、あまり気にする必要はないかなと思います。

それでは、良いFire TV生活を。