新海誠監督によるZ会の受験生応援アニメ「クロスロード」が素敵だと話題に。

CMで使うのが勿体ないほどの完成度・・・これは必見です。

CM「クロスロード」が素敵です。

とあるテレビ番組で、Z会の受験応援ストーリー「クロスロード」向けに制作されたアニメが紹介されていました。最初は「ふーん」とチラ見だった私も、映像が流れるやいなや、画面に釘付けに。

素晴らしい映像ですなぁ・・・Z会を前面に出してくるかと思いきや、あくまでさり気なく。大成建設のCMといい、アニメを使うと宣伝っぽさが無くなっていいですよね。

ところで、この映像を見て「あれっ?」と思いませんでしたか?このCMを作ったのは「君の名は。」でおなじみ新海誠監督。内容も映画にそっくりなんです。

それもそのはず。このCMで描かれているのは「本来ならば出会うことのない」男女2人。「君の名は。」構想もここから始まったわけですね。

Twitterでもコメントが続々と。


アートには人を動かす力がある。

この映像を見ていると、改めてそう思いました。特にアニメは「遊び」から「人を動かすアート」になったと言ってもいいと思いますね。

私がもし中高生でこのCMを見たら、きっと「Z会やりたい」と親に言っていると思います。これを実写でやっても多分そうはならないと思うんですよね。

企業がその魅力に気付き始めると、ビジネス職よりもクリエイティブ職のほうに高いニーズが集まるんだろうなーと漠然と思っております。

zkai_crossroad_snap2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です