古いスピーカーも活用できる!MUSONのトランスミッターレシーバー「MK1」レビュー。

▼この記事をシェアする

自宅や実家に使っていないスピーカーが眠っているという人は結構いるはず。といってもスマホの音楽を流せるわけでもないし、使い所がないんですよね。

今回、そんなスピーカーを活用できる便利なガジェット「MK1」のサンプル品をMUSON社より頂いたので、レビューとともに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パッケージ

まずは外観からチェック。Amazonのフラストレーションフリーっぽいシンプルなパッケージとなっております。流行りなのかもしれませんね。

次は中身をチェック。本体・USBケーブル・AUX用ケーブル・説明書の計4点。説明書は日本語できちんと書かれているので操作に困ることはありません。

モード切替

本体はライターほどの大きさ。側面にあるスイッチでRX(受信)とTX(送信)を切り替えることが可能。スマホの音楽を古いオーディオで聴きたい場合は、RXですね。

設定はカンタン。付属ケーブルをオーディオの「AUX IN」に差し込み、本体のボタンを長押しします。すると本体のLEDが点灯するので、スマホなどでBluetooth接続するだけ。

写真はBluetoothスピーカーですが、私の実家にあったCDラジカセでもちゃんと使えました。CDミニコンポとか昔流行りましたよねー。懐かしい。

受信・送信ともに安定した音質

Bluetoothの受信・送信どちらも使ってみました。長時間連続で使っても音は切れることなく安定していました。基本性能は問題ないでしょう。

音質については、送信側の音楽ファイルの質や受信側のスピーカー品質によるところが大きく一概には言えませんが、普通に聞く分には全く問題ありません。

こんな人におすすめ

私のようにスピーカーがあるので活用したい人や、昔のCDプレーヤー、MDプレーヤーの音楽をBluetoothスピーカーで聴きたいという人にはぴったりです。

3000円ほどで買えるので、新しくスピーカー買ったりコンバーター買うより安くて便利です。気になった方はポチッとしていただけると。おすすめです。

スポンサーリンク