コスパ最強の革靴はVISARUNO(ビサルノ)「ラクチン」シリーズで決まりでしょう。

▼この記事をシェアする

こんにちは。サラリーマンブロガーのこてつです。

普段履いている仕事用の革靴が傷んできたので、新しい靴を買い足しました。買ったのは今まで候補に挙がったことさえ無かった、VISARUNO(ビサルノ)というメーカーの革靴。有名なのかどうかさえ知りません笑。

エポスカードのポイントが貯まっていたこともあり、「マルイウェブチャンネルで買える、外れでも後悔しない程度の値段」というネガティブな条件で探したのですが、これが大当たり。簡単にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「長く履く」「履きつぶす」のどちらが良いか

この靴を買うまでは、前者しかあり得ないと思ってました。実際に僕が今まで買ってきた靴は3万円前後のものばかりで、それを手入れしながら何年間も履き続けてきました。

でも、最近は「安い靴を履きつぶす」のもアリなのではと思うようになってきました。この革靴は8千円ほどで買えるので、3万円も払えば3〜4足買えますね。それを1年間だけ履き、傷んできたらサッと捨てる。

ソールの張替えや傷の補修といったメンテナンスの手間もかからないので、靴の立派さを求めない人であれば案外いい方法だと思います。ファストファッションと同じ考え方ですね。

これは人それぞれ考え方があるので一概にどちらが良いとは言えませんが、ズボラな私は手入れが楽な後者を選ぼうと思っています。高い靴は重要なお客様との打ち合わせや結婚式に参加する時に履けば十分かなと。

「値段」「見た目」「履き心地」全て揃った靴

前置きが長くなりました。靴のほうをサクッと見ていきます。まずは箱から、と言っても変哲のない普通の箱です。

これが今回買った靴。正確に言うと「ラクチン軽快シューズ」というシリーズの革靴らしい。革靴に快適性を求めるとほぼ100%見た目がダサくなるのですが、この靴は普通のストレートチップの靴にしか見えない。奇跡かも。

インソールは少し反発性があるので、疲れも軽減してくれそう。写真では見えませんがソールは木製ではなくラバー製です。なのですり減っても張替えはできません。(硬質ゴムで盛ることはできるかもしれませんが。)

表面の革は本皮ではなく合皮。なのでめちゃくちゃ柔らかいです。一方で、本皮のようにブラシをかけてクリームを塗りこんでも傷を消したりすることはできません。できる手入れは汚れを拭き落とすぐらいですね。

肝心の履き心地はどうか。朝から夕方まで履きっぱなしでも全然足が痛くなりません。革靴以上スニーカー未満の快適さといったところでしょうか。少なくとも革靴よりは遥かに楽です。もっと早く買えば良かった・・・。

営業など外歩きが多い人には超おすすめの一足なので、ぜひともチェックしてみて下さいませ。スエードシューズもあるのでビジネスカジュアルな服装にも合わせられそうです。

ひもをほどかなくても履けて、一日中疲れにくい!≪マルイのメンズ軽快らくちんシューズ≫

スポンサーリンク