@insideapple.apple.comから届く怪しいメールへの対応方法

今朝方、Appleのサポート窓口から「Apple 電話サポートの対応について」というメールが届いていました。見るからに怪しい。

届いたメールの内容

届いたメールの内容(クリックで拡大)

Appleには電話どころかメールの問い合わせすら行ったことがないしなぁ・・・。ということで、Appleのサポート内容とメールのスパム確認を行ってみました。

Appleのサポート内容を確認する

まず最初に、Appleが提供するサポート内容について整理しておきたいと思います。

Apple製品を買うと無料で受けられるサポートと保証の他、有償で受けられるMacやAppleTV向けの「AppleCare」とiOS向けの「AppleCare+」があります。超分かりづらい。

ほとんどのApple製ハードウェアには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare Protection PlanまたはAppleCare+に加入して、保証とサポートをさらに延長しましょう。

ハードウェアも、オペレーティングシステムも、様々なアプリケーションも、すべてAppleが開発しているため、Appleの製品は真の意味で統合されたシステムです。そして、製品を知り尽くした専任スペシャリストによるサポートと修理サービスをワンストップで受けられるのは、AppleCare製品だけ。1回の電話でほとんどの問題を解決できます。

その保証内容の状況はAppleの「補償状況を確認する」ページで確認することができます。実際に僕の使っているiPhone SEを調べてみたところ、電話サポート期間が終了していました。

端末別の保証内容が確認できる

ということまではわかりましたが、問い合わせした記憶が無いのに問い合わせしたことになっている原因は未だに分かりません。モヤモヤするなぁ・・・。

メールの送信元を確認する

次に疑うのはスパムメール。ということで、このサイトを参考しながらメールのヘッダー情報をチェックしていきます。

Delivered-To: こてつのメールアドレス
Received: by 10.159.36.55 with SMTP id 52csp47299uaq;
Thu, 27 Apr 2017 16:27:39 -0700 (PDT)
X-Received: by 10.99.128.200 with SMTP id j191mr8547674pgd.28.1493335659412;
Thu, 27 Apr 2017 16:27:39 -0700 (PDT)
Return-Path: <applesupport_i_bounces@insideapple.apple.com>
Received: from msbadger0504.apple.com (msbadger0504.apple.com. [17.254.6.159])
by mx.google.com with ESMTP id p13si4222011pgd.128.2017.04.27.16.27.39
for <こてつのメールアドレス>;
Thu, 27 Apr 2017 16:27:39 -0700 (PDT)
Received-SPF: pass (google.com: domain of applesupport_i_bounces@insideapple.apple.com designates 17.254.6.159 as permitted sender) client-ip=17.254.6.159;

詳しい説明は省きますが、ざっくり言うと送信元のIPアドレスが一貫しているので本当にAppleから送られたメールで間違いなさそうです。

念には念を入れて、送信元ドメインの所有者をチェックしておきます。「ANSI Whois Gateway」で「insideapple.apple.com」と検索すると所有者を確認することができます。

Domain Name: apple.com
Registry Domain ID: 1225976_DOMAIN_COM-VRSN
Registrar WHOIS Server: whois.corporatedomains.com
Registrar URL: www.cscprotectsbrands.com
Updated Date: 2015-07-16T15:04:28Z
Creation Date: 1987-02-19T05:00:00Z

正真正銘、Appleが取得したドメインで間違いなさそうです。

結論:怪しいメールはすぐに削除

まとめると「Appleからのメールではあるものの、内容は見に覚えの無いものである」という気持ちの悪い結果になってしまいました・・・。

とはいえ確実にセーフとは言えない以上は気を付けるべきなので、身に覚えの無いメールが届いたらすぐに削除してしまいましょう。これが一番確実です。

コメントを残す