Googleの検索結果から邪魔なWebサイトを除外する方法

調べ物をする時には「まずググる」という人が多いと思いますが、検索結果の上位に邪魔なWebサイトが出てきて困ったこと、ありませんか?

Google検索には、そういうWebサイトを検索結果から除外する方法をはじめ、「効率良くググる」ための方法がたくさんあるのでご紹介します。

https://support.google.com/websearch/answer/2466433?visit_id=0-636331095043634703-1150481855&p=adv_operators&hl=ja&rd=1

基本的には上記の内容どおりですが、補足のコメントや応用バージョンを追記してみましたので、今後ググる際の参考にしていただければと思います。

基本オプション

ソーシャル メディアを検索する

ソーシャル メディアで検索する単語の前に @ を付けます。例: @twitter.

価格を検索する

数値の前に $ を付けます。例: カメラ $400.

ハッシュタグを検索する

単語の前に # を付けます。例: #throwbackthursday

対応しているのは英語のハッシュタグだけのようです。

検索から語句を除外する

除外する語句の前に – を付けます。例: ジャガー 速さ -自動車

完全一致を検索する

単語や語句を引用符で囲みます。例: “世界一高い建築物”

ワイルドカードや不明な語句を検索する

語句の中でプレースホルダを置く場所に * を挿入します。例: “世界最大の*”

数値の範囲内で検索する

2 つの数値の間に .. を置きます。例: カメラ $50..$100

検索を結合する

各検索クエリの間に「OR」を置きます。例: マラソン OR レース

特定のサイトを検索する

サイトまたはドメインの前に「site:」を付けます。例: site:youtube.com または site:.gov

関連するサイトを検索する

既知のウェブアドレスの前に「related:」を付けます。例: related:time.com

サイトに関する詳細情報を得る

サイトのアドレスの前に「info:」を付けます。

Google でキャッシュされたバージョンのサイトを表示する

サイトのアドレスの前に「cache:」を付けます。

応用バージョン

特定のサイトを除外する(複数サイト可)

サイトまたはドメインの前に「-site:」を付けます。例: -site:youtube.com または -site:.gov

試しにヘルスケア大学を検索から除外してみます。まずは普通に検索。「理想的な体脂肪率」と入れて検索します。

トップに出てきましたね。ここで「理想的な体脂肪率 -site:www.skincare-univ.com」と入れて検索してみましょう。

完全に消えましたね。他のサイトも除外したい場合は「理想的な体脂肪率 -site:www.skincare-univ.com AND -site:matome.naver.jp」のように「AND」を挟むだけでOKです。

最後に

多くの人が使っているGoogleですが、効率良く「ググる」ことができる人は多くありません。ひと工夫するだけでグッと作業効率が上がると思うので、これを機会にぜひお試し下さい。

コメントを残す