【Kindleセール】『弱虫ペダル』『クローズ』『侵略!イカ娘』などの名作が50%ポイント還元中!(8月20日まで)

Kindleストアでお得なキャンペーンが開催中です。今回対象になっているのは、秋田書店のKindle本「7,378冊(多い!)」です。

マンガ好きの人、そうじゃない人にも読んで欲しい名作がたくさんあるので、いくつかピックアップしてみました。ぜひチェックしてみて下さい。

「まとめ買い」おすすめマンガ

弱虫ペダル(1~50巻)

アニメにもなっているので、一見たことがある人も多いかもしれません。オタク高校生が自転車にハマり、成長していく姿は全世代に刺さるはず。文句なしの名作マンガと言って良いでしょう。

クローズ(1~26巻)

実写版の映画で知った人も多いのでは。ヤンキー・暴走族・連合・抗争といったイメージ通りの言葉が飛び交います。暴力的なマンガですが・・・春道が熱くてカッコイイんですよ。

侵略!イカ娘(1~22巻)

このマンガ、ファンのイメージが強くて相当損してると思うんですよね・・・。キャラも可愛いし、内容もほのぼのしていて読みやすい。実は名作なマンガです。おすすめ。

鮫島、最後の十五日(1~13巻)

「テレビで相撲を見たことがない」という人にこそ読んで欲しい作品。「小柄な力士が大きな体格の力士に挑む」というシチュエーションがまたグッと来るんですよね・・・。

AIの遺電子(1~6巻)

「人工知能専門医」という題材に目をつけたのはすごいなと思うわけです。読んでいて何ともいえない気持ちになるわけなんですが、こういう未来は必ずやってきますからねぇ。

花のズボラ飯(1~3巻)

「孤独のグルメ」の久住昌之氏が手がけるグルメマンガ。イラストが変わるだけでここまで雰囲気が変わるとは・・・。でも、これはこれでアリです。読んでいるとお腹が空いてくるのはお約束ですな。

セトウツミ(1~7巻)

2人の男子高校生が放課後にトークするだけ。本当にそれだけ笑。でも何でしょうね、不思議と読んでしまうんですよね。僕にもこういう時があったなぁ・・・(遠い目)

ブラック・ジャック創作秘話(1~7巻)

ブラック・ジャックがどのようにして生まれたのか。「手塚治虫の仕事場」という視点で描かれたマンガ。ぶっちゃけ壮絶ですが、惹き込まれて一気に読んでしまいます。

その他の名作マンガ

良い作品が多すぎて紹介しきれない・・・。上で挙げたものは、ほんの一部です。他にも

など、一読の価値があるマンガが山のようにあります。まとめ買いをして貰ったポイントで、単品作品をポチポチっと買っていくのが無駄がなく良いかもです。

というわけで、とってもお得なキャンペーンなので、ぜひチェックしてみて下さい。キャンペーン期間は8月20日まで。お忘れなく。

【50%ポイント還元】秋田書店キャンペーン