Google Chromeの文字入力が遅い時の対策方法

「Google Chromeが遅い時の対応方法」記事のアイキャッチ画像

こんにちは。こてつです。自宅でも職場でもGoogle Chromeを使っているのですが、最近よく「文字入力が重い」と感じるようになったので、その原因と対策を調べてみました。

現状のChrome文字入力

▼実際に文字入力している様子を撮影した映像がこちら。

遅すぎてストレス溜まりますね。不思議なのがChromeでの文字入力だけ遅いということ。IEやFirefoxといった他のブラウザ、Evernoteなどのアプリでは全く問題ありません。いつも通りサクサク動きます。

遅さの原因は・・・?

同じ現象で悩んでいる人がいるか調べてみたところ、このような記事を見つけました。なるほど、32ビット版のChromeを使っている場合に起こる問題なのですね。

Google Chromeの文字入力『だけ』が異様に遅い件。|浮遊する無名作家の浅慮

というわけで、僕のChrome環境もきっと32ビット版なのだろう。そう思って、Chromeの設定メニューからバージョン情報を調べてみました。

Chromeのバージョン情報確認画面(アップデート前)

予想外なことに、64ビット版でした。ただ「更新を完了して下さい」という表示があったので、「再起動」ボタンをポチッと押して再起動。もしかしてこれが原因か・・・?

更新後のChrome文字入力

▼再起動して再度バージョン情報を確認。バージョン60から61にアップデートされました。

Chromeバージョン情報の確認画面(アップデート後)

▼文字入力の速度を確認するため、Chromeで文字入力する様子を再度撮影。

めっちゃ早くなってる!

ここ1週間頭を悩ませていた問題が、再起動ボタンのひと押しで解決するなんて・・・

ということで、遅さの原因は古いバージョンのChromeでした。

僕と同じ現象で悩んでいる人がいたら、まずChromeのバージョンを確認して、古い場合はすぐにアッププデートしましょう。

ちなみに僕がアップデートを忘れていた原因は、毎日PCをシャットダウンせず、スリープモードにしたままで帰宅していたから。自宅のPCもここしばらくスリープモードのまま。そりゃ忘れますよね。

僕と同じような使い方をしている人は要注意です。起動中のアプリは全て終了させ、PCも必ずシャットダウンするように気を付けましょう。それでは。