ヒゲ脱毛は「年間60時間」を捻出できる超ハイコスパな自己投資だ。

こんにちは。こてつです。男性の皆さんにお聞きしたいのですが、毎朝の(人によって夕方も)ヒゲ剃りに、どのくらいの時間を使っていますか?

シェーバーなら数分、カミソリを使う場合はもっとかかりますよね。僕も5年前までは毎朝きちんとやっていましたが、今では全くしていません。

というのも、毎朝のヒゲ剃りが無駄な時間だと思ったので、レーザーと針によるヒゲ脱毛を行ったのです。今でも「やって良かった」と思っています。

このヒゲ脱毛、見た目の変化ばかり注目されていますが、僕はそう思っていません。時間を買うことができる、超ハイコスパの自己投資だと考えています。

1年でヒゲ剃りに費やす時間

この時間をきちんと計算してみた人が、一体どれだけいるでしょうか。ちょっとした時間ですが、積み重ねると相当な時間になるのです。

1日10分✕365日=約60時間=約2.5日

1年のうち2.5日をヒゲ剃りに使っていると考えると、ショックじゃないですか?僕がヒゲ脱毛を決意したのも、数字を見てショックを受けたからです。

ヒゲ脱毛で買える時間>費用

2.5日をヒゲ脱毛で買えると思ったら、めちゃくちゃお得だと思うのです。ここでも分かりやすく計算してみたいと思います。時給は3000円で仮置きです。

60時間✕3000円=18万円/年

1年間で18万円分の価値があるということになります。もちろんヒゲ脱毛の効果は半永久的なので、年が経てば経つほど「時間を買った価値」は増えます。

これに加えて、シェービングに必要となるシェーバー、洗浄液、フォーム、カミソリといった諸々のものが全て不要になるので、その分も削減できます。

ただし、ヒゲ脱毛の費用も重要です。僕の場合は、BOWZUで約1年レーザー脱毛、MEN’S TBCで約半年の針脱毛で、合わせて15万円ぐらいだったはず。

ヒゲが濃い人の場合だと、この倍の費用の30万円ぐらいかかると思います。数字だけ聞くとビビりますよね。でも、たった2年間で取り返せるんですよ。

そして、3年目からはプラスになります。今後、何十年にも渡って。僕が「超ハイコスパの自己投資」だと言っている理由は、まさにこの点なのです。

トライアル利用を活用しよう

なので「どうしても髭を伸ばしたい」という人以外は、今すぐにでも行くべきです。早ければ早いほど、使える時間が増やせるわけですから。

と言うものの、決して安い金額で無いことは間違いありません。PCが買える金額ですからね。でもご安心下さい。裏技があります。

それは、各々のクリニックが実施しているトライアルキャンペーンを利用しまくるという方法です。

低価格ながらも通常の脱毛コース並の施術をしてくれるので、いくつかのクリニックをはしごするだけで、髭はかなり少なくなる(薄くなる)はずです。

そこで完了すればベスト。もし中途半端な状態になっていて気持ち悪いようだったら、自分に合いそうなクリニックで最後まで脱毛をすれば良いのです。

▼個人的にオススメなのはTBCです。針脱毛なので、効果がすぐに分かります。しつこい勧誘も全くありません。さすが大手ですね。

▼レーザー脱毛はTBCのようにワンコイン体験ができるところが無さそうです。人気クリニックのBOWZUは3回で10,000円から。