ドンキで買える2980円スマホVRゴーグルの本音レビュー

こんにちは。こてつです。毎年のように「今年はVR元年だ」という記事を見ている気がしますが、今年はどうやら本当にVR元年になったようです。

今までは一部ガジェット好きの趣味でしかなかったVRが、PlayStation VROculus Riftといった製品の登場により、ようやく認識されてきたように思います。

最近ではスマホでVRを楽しめるVRゴーグルの種類も増えてきました。全国で体験できるサムスンのGalaxy Gearを実際に使ってみた人もいると思います。

そんなVRゴーグルも随分と安く買えるようになりました。僕が今回紹介するのは、全国のドンキホーテで買える2,980円(実質1,980円)のVRゴーグルです。

こんなに安くて大丈夫なのか、気になりますよね。ご心配なく。しっかりとVR体験できます。サクッとレビューをしてみたので、ぜひ参考にして下さい。

本体と付属品チェック

パッケージの外観から本体の中身までをチェックしていきます。

▼こちらがパッケージ。特典として1000円分のDMMポイントが付いています。

▼使用方法はパッケージの背面に記載されています。

▼内容物はこちらの通り。本体、操作説明書、DMM動画専用コードの3点。

▼ゴーグルを近くで見たところ。厚めのクッションが入っており品質は悪くなさそう。

VRコンテンツの使い方

DMM VRのポイントが1000円分あるので、まずは自分のDMM.comアカウントに付与しましょう。専用アドレスにアクセスしてコードを入力すればOKです。

ポイントを付与した後は、DMM VRの専用アプリをダウンロード。Androidはアプリを専用URLからダウンロードする必要があるので、注意して作業しましょう。

▼アプリを起動するとコンテンツが一覧表示されます。ストリーミングかダウンロードで再生しますが、容量が大きいのでWi-Fi環境は必須です。

▼呪刻列車のプレイ画面。静かな部屋でヘッドホンを付けてプレイするとかなり怖いです。

他のVRアプリも使える

▼DMM VR動画以外のアプリも使えます。中でもおすすめなのが「WITHIN」というVRコンテンツアプリ。

▼本格的なVRコンテンツが無料で楽しめます。DMMの映像よりも断然こっちの方が良いです。

 

スマホVRは短時間向け

僕がこの機種を選んだのは、MoguraVRさんの比較記事で評価が最も高かったからです。

参考 厳選!おすすめスマホVRゴーグル5選MoguraVR

僕が実際に使ってみた感想も、概ね記事と同じです。フィット感があるので耳も痛くならず、ヘッドホンを装着することで映像に入り込むこともできました。

ただし、利用するなら短時間に限ります。というのも、VRゴーグルを通してスマホの画面を見るのは、想像以上に疲れるのです。僕は2時間が限界でした。

なので、本当にVRを楽しみたい人は、きちんとしたVR専用機を買いましょう。Oculusが来年に低価格版を発売予定なので、そこで買っても良さそうですね。

参考 Oculusが激安2万円でPC不要のワイヤレスVRヘッドセットを2018年に発売Gigazine