【ノーリスク】投資初心者に楽天証券をおすすめするたった1つの理由

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

日本は「貯蓄好きな国」として世界的に有名ですが、そんな日本でもNISAやiDeCoなど投資型の金融商品が少しづつ広まってきました。

この流れに乗って投資を本格的に考えている人も多いのではないでしょうか。僕もそのうちの一人で、今年から本格的に投資を始めました。

一方で、投資を検討するものの「一歩が踏み出せない」人も多いと思います。というのも、何から始めれば良いのかが分からないからです。

そんな投資初心者の人におすすめするのが「楽天証券」を使った投資です。では、実際にどうやるのかを具体的に説明してみたいと思います。

楽天ポイントで”気楽に”投資できる

僕が楽天証券をおすすめするのは「楽天ポイントで投資信託が購入できる」からです。他の証券会社には真似できない楽天ならではの仕組みです。

投資と聞くと、どうしても「今まで貯めてきたお金を使う」「減ったらどうしよう」と考えてしまう人が多いのではないでしょうか。

その気持ちこそが、投資を踏みとどまらせている犯人です。でも、元手がポイントなら万が一0円になったとしてもショックは軽いはずです。

事前準備から投資信託購入までの流れ

具体的な手順について書いていきます。ざっくりリストにまとめると次のようになります。

  1. 楽天証券の口座開設
  2. 楽天ポイントの利用設定
  3. 投資信託の購入

楽天証券の口座開設

詳しい手順は証券会社のWebサイトが一番わかりやすいので、こちらでは割愛します。ちなみに、ハピタスから登録すれば200円分お得になります。

  1. ハピタスに登録する
  2. ハピタスにログインして「楽天証券」で検索
  3. 「ポイントを貯める」で楽天証券Webサイトへ
  4. 楽天証券Webサイトから申し込み

楽天ポイントの利用設定

楽天証券で楽天ポイントを利用できるように設定を変更します。こちらも楽天証券に詳しい解説があるので割愛します。

参考

業界初!投資信託ポイント買付サービス!楽天証券

自動的に連携してくれると便利なんですけどね。

投資信託の購入

実際に商品を購入してみます。

投資信託のメニューを開くと、右側に「投資信託買付 利用可能ポイント 863ポイント」と書かれています。これが楽天ポイントです。

購入する商品を選びます。僕は運用リターンが高く人気急上昇中の銘柄「ひふみプラス」を購入しています。

買付金額には保有ポイント数の「836」を記入し、ポイント利用は「すべて使う」を選びます。もちろん口座にある資金で買うこともできます。

注文内容に間違いが無ければ、取引暗証番号を入力して「注文」を完了します。注文が成立すると資産に反映されます。あっという間ですね。

あとはこの繰り返しです。ポイントが貯まってきた思ったタイミングで追加購入すれば、知らず知らずのうちに資産が増えるわけですね。

とはいえ、あくまでも原資はポイントなので規模は少なめ。ちなみに先月始めた僕の資産はこちら。運用手数料が1%なので今のところプラスです。

まとめ:ポイントも投資する時代に

以上、楽天ポイントと楽天証券を使ったお手軽投資のご紹介になります。

繰り返しになりますが、この仕組みを使うと現金を使わず投資信託を買うことができます。つまり、自己負担ゼロのノーリスク投資です。

楽天で貯まるポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類ありますが、意識せず全て使っている人が大半だと思います。

この2種類のポイントを上手く使い分けましょう。

通常ポイントは全て投資に回して、期間限定ポイントだけショッピングに使いましょう。これを続けることで投資が習慣に変わります。

なぜ投資をおすすめするかと言うと、投資は貯蓄と違って「お金がお金を生んでくれる」からです。

もう少し分かりやすいように、初期費用10万円で毎月1万円づつ投資した場合のシミュレーショングラフを以下に載せてみます。

投資をコツコツ続けることで、370万円の投資が1000万円に増える(可能性がある)ということです。これが「複利で投資する」ことの効果です。

僕もこの表を見て「貯蓄だけだとヤバい」と思い、ウェルスナビを始めたのです。こちらについては別記事があるので興味がある方はどうぞ。

【簡単】投資するならロボアドバイザー「ウェルスナビ」がおすすめ!

というわけで、投資に対して不安な気持ちを抱えている人は、ぜひ楽天証券でトライしてみて下さい。数カ月もすれば慣れるはずです。

そこで慣れてきたら、次のステップに進むと良いでしょう。これからの時代、自分の資産は自分で築きましょう。ツールは揃ってますよ!