サイレント値上げをチェックできるサイト「いつの間にか容量が減っている商品wiki」が便利!

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

コンビニやスーパーで飲食品を買う時に「あれ?量が少なくなった?」と感じることってありませんか?

でも、それを実際に数字でチェックする人は少ないと思います。というのも、メーカーのWebサイトで調べるのはかなり大変なんです。

そんな中、素晴らしいサイトが登場したので紹介します。

参考 いつの間にか容量が減っている商品wikiいつの間にか容量が減っている商品wiki

このサイトを見れば商品の容量がどれだけ減ったのか(実質的な値上げになったのか)が一目で分かります。代表的な2商品をピックアップしてみます。

▼しっとりとした触感が人気のカントリーマアム。2005年からの11年間で約35%減少しています。

▼セクシーなCMで注目を集めて大ヒットしたドロリッチ。2008年からの9年間で約45%減少しています。

「え、そんなの知らないよ!」と思いましたよね?

ほとんどの企業は「パッケージを持ちやすくしました」といった表現で上手くごまかし、そのタイミングでひっそりと容量を減らすのです。

この値上げ手法は「サイレント値上げ」や「ステルス値上げ」など言われています。言っていることは嘘じゃないですが、消費者からすると「騙された」気分になるものです。

その逆に、「ガリガリ君」でおなじみ赤城乳業のように「ごめんなさい。値上げします。」と正直に伝える企業もあります。これだと批判どころか応援したくなりますよね。

普段買っている商品を買い続けるかどうかの参考として使うにも、企業姿勢をチェックするに使うにも便利なサイトです。ぜひ一度チェックしてみて下さい。

参考 いつの間にか容量が減っている商品wikiいつの間にか容量が減っている商品wiki