【悲報】LINE Payカードの2%還元が終了へ。やっぱり最強はあのカード?

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

LINE Payカードって知ってますか?

LINEが発行するプリペイドカードで、クレジットカードと同じ様に使える上、ポイント還元率2%ということで人気のカードです。

そこで貯まったLINEポイントは1ポイント0.9マイルという高いレートで交換できるため、ANAマイラーには大人気なのです。もちろん僕も使っています。

そんなLINE Payカードユーザーに超悲報。

なんと、2%特典が5月31日で終了します。

というわけで、改めて今回の発表内容を確認するとともに、次はどのカードを使えばいいのかを考えてみたいと思います。

利用特典はどう変わる?

LINE公式ブログには次のように書かれています。

このたび、さらなる簡単・便利なキャッシュレス・ウォレットレスサービスを目指し、ご利用特典を変更いたします。それにともない、2018年5月31日(木)をもって、ご利用金額の2%分(100円につき2ポイント)のLINEポイントが貯まるLINE Pay カード限定の利用特典は終了することになりました。
 

2018年6月1日(金)からは、コード支払いをメインにLINE Payのサービスのご利用全体(LINE Pay カード含む)を対象にした利用特典プログラムに変更となります。LINE Payサービスのご利用度合いによって最大2%のLINEポイントが還元されます。

二次元バーコード利用で最大2%ポイント還元とのことですが、今までのようにクレジットカード代わりに使ってポイントを獲得することができなくなります。

多くの陸マイラーが離れていくことは間違いないでしょう。

メトロポイントの変換レートは?

陸マイラーが気になるのはこれだけでは無いはずです。LINEポイントからメトロポイントへの変換レートが下がる可能性について、です。

現在、各種ポイントサイトからANAマイルへと効率良く変換しようとするならば、LINEポイント→メトロポイントは避けて通れません。

もし今回の特典変更がLINE側の負担増に因るものだとしたら、この変換レートが大きく下がることは想像に難くありません。

大量のポイントが手元にある人は、念のため早めにANAマイルへ交換しておいた方が安全でしょう。

どのカードをメインにすれば良い?

5月31日までは、迷わずLINE Payカードを使えばOKです。

6月1日以降は、やはりシンプルにANA VISAワイドゴールドカードではないでしょうか。

マイ・ペイすリボ利用で最大1.72%の還元率は、LINE Payカードのマイル還元率1.8%に迫る数字です。

年会費が1万円ほどかかりますが入会特典のマイル数も大きいため、実質的な還元率はゆうに2%を超えます。

というわけで僕は早速ワイドゴールドカードを申し込みました。6月1日以降はメインカードとしてガンガン使っていく予定です。

ちなみに、カード入会時のキャンペーンは前述のもの以外に、ANA独自で実施している「マイ友プログラム」というものもあります。

入会する時に紹介者のIDと名前を入力するだけで2000マイルも貰えるお得なキャンペーンなので、忘れずに利用しておきましょう。

もし利用したい方は、TwitterFacebook宛に連絡頂ければ必要な情報をお教えしますので、気軽にお尋ね下さい。