【2018年6月】Kindle月替りセール、50%OFFフェア対象商品を一斉チェック!

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

月初ということで、Kindleストアでは恒例の月替りセールに加えて、超お得なキャンペーンが多数開催中。おすすめの本をピックアップしてみたのでぜひチェックしてみて下さい。

月替わりセール

「PDCAなんて、誰でもやっているでしょ。」と思うかもしれません。ただ、この本で書かれているPDCAは「鬼速」です。このツールをフル活用することで、どれだけの成果が達成できるか。具体的に描かれています。

個人的には熱量が高すぎて「ああ、野村證券っぽいな」と思ってしまいました。ちょっとブラック臭がするのです。内容自体はとても良いので、ぜひ読んで欲しいです。

社会人であれば「マインドフルネス」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。ヨガや瞑想をイメージする人が多いと思いますが、この本ではEQ(情動的知能)を訓練するアプローチとして取り入れられています。

「Googleの働き方ってやっぱり凄い」といった自己啓発書の類ではなく、ビジネスパーソン誰もに役立つ内容となっています。教育にも役立つので子育て中のパパママにも読んで欲しい内容。

お金の増やし方というワードで拒否反応をしてしまう人が多いと思うのだけど、お金のことを真剣に考えれば考えるほど「お金はお金を増やす手段でしかない」ということが分かってきます。

山崎氏の説明はとても丁寧で分かりやすいです。僕も何冊か山崎氏の本を読んで大分お金のことが分かるようになったと思っています。入門書として読むにはピッタリです。今なら600円で買えちゃいます。

プログラミングを経験した人ぐらいしか知らない言葉だと思いますが、これからプログラミングが必修科目化するにあたって親は理解しておく必要があると思います。

この本はアルゴリズムを文字や数式ではなくイラストで解説しているので、初めての人でも比較的すんなりと理解できると思います。中高生(もちろん小学生)の入門書として使っても良さそうです。

Kindleマンガ50%OFFセール

最初に書いておきます。イラストとは正反対の胸糞系マンガです。読まなきゃよかった・・・と思いながらも最後まで読んでしまいました。耐性のある人はどうぞ。インパクトがあるのでTVドラマ化されそうだなぁ。

「私は家族を焼き殺された――。」三角草(ミスミソウ)。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花。閉鎖的な田舎町の中学に転校してきた少女「春花」を待っていたのは、壮絶なイジメだった。せき止められない憎しみに、少女の心は崩壊する―――!!

ぶんか社 期間限定無料&50%OFFセール

正直言ってぶんか社のマンガは胸糞系かエロ系ばかりで検索に引っかかってほしくないレベルなのですが、その中でもこの作品だけは健全で面白いです。

田舎暮らしマンガはよく見かけますが島暮らしはあまり見たことがありません。絵柄が柔らかくほっこりした気分になれるのでおすすめです。何でこのマンガがこの出版社から発売されているんだろう。不思議。

50%OFF以上 ノンフィクションフェア

すでに読んだ人も多いと思います。アマゾンがどのように成長をしてきたかがビジネスモデルの説明と共に、詳しく書かれています。これを読んだら「そりゃ国内企業がどれだけ頑張っても負けちゃうよね」と思うはず。

ベゾス氏のサクセスストーリー、アマゾンの歴史を紐解く解説本、どちらにしても面白い本です。2年前の内容ですがその頃の勢いは今でも全く衰えることが無いので、これからアマゾンがどう動くか想像しながら読むと面白いかも。

まとめ

他にも「【最大50%OFF】仕事とお金のお悩み解決本セール」というキャンペーンも開催中ですが、他のセールと対象の本が重なっていたので紹介は割愛しました。気になる方はリンクからチェックしてみて下さい。

ざっと全てのセールに目を通してみましたが、正直なところ「セール対象本は多いけど、古い本やマイナーな本が多くおすすめできる本が少ない」という印象でした。セールを頻発しすぎて作品が尽きてきたのかもしれませんね。

そんな中でも今月の月替わりセールは名書が多く、買っておいても損はしないでしょう。というわけで、今回はおすすめとして7作品をピックアップしてみました。ぜひ読んでみて下さいね。