SNKの「NEOGEO mini」は買うと後悔しそう。

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

小学校から大学まで、どっぷりゲームに浸る毎日を過ごしていました。ファミコンから始まり、スーパーファミコン、セガサターン、プレイステーションまで。指の皮がツルツルになるまでコントローラーを握りしめていたのは良い思い出です。

自宅でゲームするだけでは飽き足らず、ゲームセンターにも通っていました。学校が終わると最寄りのおもちゃ屋に行き、片隅にあったアーケード機でストII、餓狼伝説、鉄拳、バーチャ。流行りのゲームは一通りやり込みましたね。懐かしい。

そんな少年時代の記憶を蘇らせてくれる、おっさんホイホイなゲーム「NEOGEO mini」が登場しました。7月24日に発売予定で現在予約の受け付け中。(予約殺到につき受付中止のお店も出ているようです)

少ないお小遣いの中から100円を持って、この筐体の前に立ち、今日はどのゲームを遊ぼうかなとワクワクしながら考えていた時のことを今でも覚えています。若かったなぁ。このNEO GEO miniに入っているタイトルは次の通りです。

  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’94
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’95
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’96
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’97
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’98
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ ’99
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003
  • 真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変
  • サムライスピリッツ 天草降臨
  • サムライスピリッツ零SPECIAL
  • 餓狼伝説SPECIAL
  • リアルバウト餓狼伝説
  • リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS
  • 餓狼 MARK OF THE WOLVES
  • ワールドヒーローズパーフェクト
  • 風雲スーパータッグバトル
  • 龍虎の拳
  • 幕末浪漫 月華の剣士
  • 幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~
  • NINJA MASTER’S~覇王忍法帖~
  • 痛快GANGAN行進曲
  • キング・オブ・ザ・モンスターズ2
  • サイバーリップ
  • ショックトルーパーズ セカンドスカッド
  • トップハンター ~ロディー&キャシー~
  • ニンジャコマンドー
  • バーニングファイト
  • メタルスラッグ
  • メタルスラッグ 2
  • メタルスラッグ 3
  • 戦国伝承2001
  • ASO II −ラストガーディアン−
  • ティンクルスタースプライツ
  • ブレイジングスター
  • トッププレイヤーズゴルフ
  • 得点王
  • ジョイジョイキッド

知っているタイトルだらけ!

で、僕は実際に買うのかというと買いません。なぜなら買うと確実に後悔するパターンだから。というのも、任天堂のクラシックミニシリーズに比べてあらゆる点で微妙なのです。

本体が小さい

NEO GEO miniのサイズを見てみると、W108mm × D135mm × H162mmとなっています。横幅10cmの中にスティックとボタン4つがぎゅっと入っているわけです。動きの激しい格闘ゲームはどう考えても苦しい。

となると、外付けのコントローラが必要になります。対戦するなら2個必要。これだけで1万円台後半の価格になってしまいます。この「大人からガッツリ稼ごう」としている感じがちょっと嫌なんですよね。。。

どうせやるならもう少し値段を上げてもいいから、本体サイズを「しっかり遊べる」サイズにまで大きくして欲しかったです。横幅が20cmぐらいあればずいぶんと印象変わると思うんですけどねー。

タイトルが重複している

タイトルめっちゃ多い!と思ったものの、キングオブファイターズシリーズだけで10本。餓狼伝説とサムライスピリッツ、メタルスラッグで10本。これだけで半分なんですよね。

たくさんのタイトルが遊べてもちろん嬉しいんですが、できればシリーズもの以外のタイトルをもっと増やして欲しかったです。権利の関係でいろいろあるのかも知れませんが・・・。

結論

というわけで、ニンテンドークラシックミニシリーズは買いましたが、今回のNEO GEOは見送ります。勢いで買ってしまうと2,3ゲームだけ遊んですぐにメルカリ行きになっちゃいそうなので。中古品が安く出回り始めたら、試しに買ってみるかもしれませんが。

今回の件でNEOGEOが懐かしくなり中古品を調べてみると、約3万円で販売されていました。オークションだともっと安いと思います。家庭用マシンながらも本格的なスティックコントローラーで遊べるので、こっちのほうが雰囲気出そう。興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。