勝間和代さんのブログは「書く楽しさ」を教えてくれる。

みなさん、勝間和代さんという方をご存知でしょうか。

経済評論家として各メディアで活躍する傍ら、ITを駆使して超効率的に家事を行う”効率化オタク”としても有名な方です。ヘルシオを2台使う話は有名なので、聞いたことがある人も多いと思います。

http://ascii.jp/elem/000/001/520/1520153/

そんな勝間さん、ブロガーとしても積極的に活動しています。次々とアップされるブログ記事を読ながら、ふと思ったことがあります。

それは、

ブログは楽しむもの

だということです。

「当たり前じゃないか」と言いたくなる人もいると思いますが、これを見てもらえばすぐに分かってもらえるはずです。

こちらは勝間和代さんのブログ記事です。

これを見て「あれ?」と思いませんでしたか?

記事の中で使われているのは、アイキャッチ写真一枚と文章だけ。その他の余計なものは一切ないのです。SEOを意識したタイトルや見出しどころか、アフィリエイト広告の類も全くありません。

これには衝撃を受けました。

なぜなら、著名人のブログなので、当然そういった書き方をしているものだと思っていたからです。このことがきっかけで、僕のブログに対する考え方を改めることができたのです。

ブログを書くにあたって一番大切なこと。それは、ライティングの技術やワード選定、収益を高めるためのレイアウトや工夫ではなく、「自分が本当に書きたいことを楽しみながら書くこと」なんですよね。

実を言うと、ここ最近ブログ記事を書く手が止まっていました。

理由は単純で、価値のある記事を書こうと考えるあまり、情報収集に時間をかけすぎて、結果として書けないまま次の日を迎えるという状況になってしまっていたからです。

でも、ブログって「誰かに読まれるから書くのではなく、楽しいから書く」ものなんですよね。

バカらしい話ですが、僕と同じように初心を忘れてしまいブログ更新が止まってしまっている人って結構いると思うんですよね。

そういう人がいたら、ぜひ勝間和代さんのブログを読んでみて欲しいです。

人の目を気にすることなく、好きなことを思うがままに書き綴られた内容を見ると、ブログを書くモチベーションがググッと戻ってくるはずです。

http://katsumakazuyo.hatenablog.com

というわけで、今日からまたブログをきちんと書き続けていきます。もちろん、楽しみながら書くことが前提なので、文章の量や内容については全く気にしないつもりです。

ブログのテイストが変わるかもしれませんが、引き続き読んでもらえると嬉しいです。ではでは。